忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » 保育士になるには? 選べる3つの勉強法

保育士になるには? 選べる3つの勉強法

女の子

保育士になるにはどうしたらよいのでしょうか?ここからは保育士の資格を取得するための学習方法についていくつかピックアップし、それぞれのメリットやデメリット、どんな方に向いているのかなどを解説してみたいと思います。

保育士になるには資格取得が必須となりますが、その勉強方法は主に「大学に通う」「短大・専門学校に通う」そして「通信講座で勉強をする」の3パターンに分けられます。いずれも資格をとるという目標は同じですが、所得までに費やすお金や時間の量はそれぞれ異なります

資格取得にあたっては「時間をかけて学びたい」「できれば費用を安くおさえたい」「空いている時間を有効に使いたい」など、個人によって勉強方法も異なるもの。

いま現在のご自身の生活を考え、自分に合った勉強法を選びましょう。

あなたにあった保育士の資格試験の勉強法はどれ?

悩む女性

保育士になるためには、大学や短大、専門学校などの保育の専門課程で学ぶ方法と、国家試験を受けて資格を取得する方法があります。

大学などの保育の専門課程で学ぶ方法は、無試験で資格取得ができますが、学費や履修期間が長いことなど問題点がありますし、資格試験を受験する方法にも、もちろんメリットやデメリットがありますね。

学生さんや社会人の方、主婦の方など、保育士の資格取得を目指す方には、それぞれの立場や生活スタイル、目標とするものありますから、学習方法を詳しく検討し、自分自身にピッタリとマッチする方法を選択しなければなりません。

保育士資格を確実に手にするための第一歩は、自分のライフスタイルに合った勉強方法を見つけることから。しっかりとリサーチして、効率よく学習をスタートさせましょう!

1:大学に通う
4年制の教育関係の学部への大学に入学し、保育士資格の取得を目指します。
注目すべきは、無試験で資格取得が可能な点。4年という長い期間と数百万円という高い費用がかかってしまいますが、幅広い知識や教養を得ながらの資格取得が可能となっています。
大学に通って資格を取得することのメリット・デメリットをチェックしましょう。
2:短大・専門学校に通う
2年制の短大や専門学校にも、保育を専門としたコースが用意されてます。
大学と同様に、試験を受ける必要なく卒業と同時に資格取得となります。大学と比べても半分ほどの学習期間にはなりますが、それでも費用は高くついてしまいます。
中には夜間コースもある短大・専門学校ですが、忙しい方にとってベストな選択なのでしょうか。
3:通信講座で勉強をする
お小遣い程度の金額で始められるリーズナブルな受講費用、忙しい方でも自分のペースで資格取得を目指せる点が大きな魅力となっている通信講座。
仕事をされている社会人の方はもちろんのこと、家事や子育てといった主婦を専業としている方にとって、おすすめの勉強方法だといえるでしょう。
通信講座で合格を目指すコツもご紹介します。

Pick up:おすすめは通信講座

こどもたち

保育士を目指すために資格取得を考えている方の中には、社会人や専業主婦の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

いつでも始められるという手軽さや、どれだけ忙しくても続けられるという点は、通信講座ならではのメリットです。

もちろん試験に受からなければ資格取得とはならないため注意が必要ですが、通信講座は短時間で効率よく学習ができる工夫がされています

資格取得に向け、自分のペースで勉強ができる唯一の方法だといっても過言ではないでしょう。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ