忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

1:大学に通う

女の子イラスト 画像

保育士の資格を取る方法の一つに、大学に通うことがあげられます。

大学で保育士の資格を取得しようと考えたら、児童教育関係のカリキュラムを組んでいる学部で勉強することが必要です。

保育士資格が取得できる学部は、主に教育学部、社会福祉学部、人文学部、家政学部など。大学は国公立大学、私立大学があり、高校卒業の資格があれば受験できます。

ここでは、4年制大学で保育士の勉強をするメリットやデメリットについて検証していきましょう。

大学で勉強するメリット

保育士の資格取得に向けて、大学で勉強するメリットを紹介します。

保育士試験を受けなくてもよい

大学で保育士資格を取る最大のメリットは、無試験で取得できることです。

ただし、入学する大学は厚生労働省が指定した「保育士養成施設」でなければなりません。厚生労働省のホームページに、指定された教育機関の一覧が載っていますので、受験する前に必ずチェックしておきましょう。

実技実習が充実している

大学の養成課程では、実際に保育園などの児童保育施設での、実習があります。特に大学の場合、4年という時間的余裕を持っていることもあり、多くの大学では2回に分けて実習を受けられます。

そのため、1回目の実習で指摘されたことを復習して、身に着ける余裕があるといったメリットがあります。

大学に通う場合は、「時間がかかる」ではなく、「時間に余裕がある」ととらえることができれば、これ以上の環境はありません。

保育士以外の資格も同時に取得できる

「養成施設」と呼ばれるくくりになっていますが、れっきとした大学ですので、卒業できれば当然学歴がつきます。

教育学部の中でも児童教育学科、児童福祉学科、といった学科を選ぶと、保育士の資格のほか、幼稚園教諭小学校教諭児童指導員任用資格といった職業に関するスキルを身に着け、資格取得を目指すカリキュラムが組まれています。

4年間通学し、所定の単位を取得したうえで卒業すると、無試験で資格が取得できます。学部によって取得できる資格が違いますから、こちらもしっかりとしたリサーチが必要です。

大学で勉強するデメリット

保育士の資格取得に向けて、大学で勉強するデメリットを紹介します。

学費が高い

大学で学ぶことの最大の問題点は、多額の学費がかかること。

公立大学であれば、初年度の納入金は入学金を含めて80万円前後、次年度からは50万円前後となります。私立大学は学校によって金額が異なりますが、初年度で120万円〜150万円前後、次年度からは毎年100万円前後のお金がかかります。

4年間通うとなると、数百万円の学費を支払わなければならない計算になりますから、その点もじっくり考慮する必要がありますね。

拘束時間が長い

大学は一部夜間の学部もありますが、ほとんどが昼間に通学して授業を受ける全日制。

4年間もの長い期間、午前中から夕方まで毎日通学することを考えると、社会人の方がお仕事を持ちながら在籍するのは中々難しい選択となるでしょう。

逆に、高校卒業直後の学生さんには、大学で児童教育について広く学びながら、保育士や教員資格を取得するのが最も効率よく、夢に近づく方法であると考えられます。

入学試験に合格しなければならない

「時間の確保もできそう」「お金も貯めた」。ここまでクリア出来ても、まだ障害があります。そう、入学試験です。

大学を受験するには、高校を卒業しているか、高卒認定試験に合格していなければなりません。現役の学生さんなら問題ありませんが、社会に出ている方にとっては、「保育士の勉強がしたいのに、また高校時代の教科書を開かなければいけないのか…」なんてことになりかねません。

入学試験の難易度も、大学によってまちまちです。センター試験か一般試験かによっても対策する科目が変わってきます。志望校を選ぶ際は、雰囲気だけでなく合格できるかどうか、偏差値などをチェックしておきましょう。

大学入学はこんなあなたにおすすめ

これまでご紹介してきた通り、国家試験なしでの保育士資格の取得、実習内容の充実など、大学進学に関してはさまざまなメリットがあることがわかりました。それでは、このようなメリットを最大限に活用できるのは、どのような人たちでしょうか?これから保育士を目指すうえで、大学進学が適しているという方について調べてみましたので、是非参考にしてみてください。

高校生

高校から大学に進学することは、年齢的な関連からみても早く保育士になるための手段のひとつです。

その最も大きなメリットは両親から費用面でバックアップが受けられるということ。社会人になってから保育士を目指そうとすると費用面や時間面などで様々な制約を受けることになりますので、これは社会人から目指す人に比べて大きなアドバンテージになります。

また、高校の成績によっては奨学金制度を受けることも可能になりますので、大いに活用していくといいでしょう。学習面で言えば高校に在学中に受験勉強をじっくりと行えるというのも大きな魅力の一つです。

主婦

家庭に入り、子どもも自立して、自分の時間に余裕が持てる方も、大学進学に向いていると言えるでしょう。特に主婦の方などは、これまでの自身の育児経験が入学後の学習に大いに役に立ってくれます。

実は、主婦の方が大学進学を目指すことはそう珍しいことではありません。実際に、保育方面ではありませんが、五十歳の主婦が子供と一緒に大学進学のための勉強をして見事に有名国立大学に入学した、という事例もあります。学びたい保育士になりたいという夢を持っていれば、決して実現できないことではないのです。

以上のように、大学進学に向いている方というのは、費用面でも時間的にも余裕のある方、ということが分かると思います。そして何よりも、これから自分の進むべき道、なりたい職業がはっきりとわかっている人であれば、大学への進学はとても貴重なものとなるでしょう。

こんな方は学習方法の見直しを

それでは反対に、大学進学に向いていないのは一体どういう人たちなのでしょうか?

早く現場に立ちたいという方

一般的に大学というところは、様々な知識を習得したり、実習に基づいた実技を身につけたりできる場所です。急いで現場に立ちたいという気持ちは理解できますが、やはり保育士の現場というものは、それ相応の知識や技術が必要不可欠となってくる場所です。あせらずに、じっくりと保育士にふさわしいスキルを身につけてから現場に立っても、何も遅いことはありません。

費用が用意できない方

大学というのは基本的に大きな学費を必要とする場所です。国立や私立などでも大きく変わってきますが、一般的に400〜500万円の費用が必要となってきます。

前述の通り、高校から進学する場合は両親からのバックアップを受けたり、奨学金を活用したりと、さまざまな対応が可能になりますが、それ以外の方法で大学に進学するとなると、多額の費用を用意するだけでも相当な努力と時間を必要とします。

入試試験を受けられない方

たとえ費用を用意できたとしても、大学という教育機関は入学試験を受けてから入校することが許されるところです。そのため保育士資格の勉強を進める前に、まず何よりも、入試試験を受ける必要があります。特に保育科が設置されている大学は偏差値が他の学部と比べても高く設定されていることが多く、受験勉強をするだけでも相当の努力と時間を必要とします。

そのため、そこまでの時間を取れないという方にとっては、大学進学による保育士資格の取得はあまり現実的ではないかもしれません。

確かに大学進学によるメリットの恩恵は魅力的ではありますが、これまでご紹介してきたとおり、入学をするだけでもそのハードルはとても高いことであることがわかります。

どうしても大学を受けたいという方も中にはいるでしょうが、自分のライフスタイルに合った方法で保育士資格を目指すことが、最も大切なことではないでしょうか?

就職に強いおすすめ大学3選

ここからは、これから保育士になろうと考えている人たちにオススメの大学を3校ほど紹介していきましょう。学校の特徴や納めなければいけない学費、そして実際に学校で勉強している在校生や卒業生の口コミなどの情報についても掲載しています。

東京家政学院大学

東京家政学院大学は、1923年に創立されて以来、科学という視点から女性の新しい生き方を追求してきた学校として高い評価を獲得しています。保育士の勉強ができる「児童学科」は、2005年に開設されています。比較的その歴史こそ10年と浅いものの、多くの卒業生を輩出しており、他の大学と比べても申し分がありません。ちなみに児童学科では、保育士資格とともに幼稚園教諭一種、社会福祉主事任用資格、図書館司書といった資格を取得することも可能です。

児童学科の学費

  • 入学金/250,000円
  • 授業料(前期分)/385,000円
  • 施設設備資金(前期分)/155,000円
    ※その他諸経費あり
  • 入学時に必要な費用の合計/845,660円

在校生.卒業生の口コミ

これから幼児教育について本格的に学びたいと思っている人たちにとっては、とてもおすすめできる学校だと思います。

保育士幼稚園教諭になりたいと思っている人達であれば、きっと満足できる大学だと思います。就職活動の相談にも積極的にのってくれます。

子供について、本格的にきちんと学ぶことのできる学校です。私は友達にも恵まれて、とても楽しい学生生活を送りました。

群馬医療福祉大学

この学校の歴史をひも解いていくと、その歴史は何と1449年にまでさかのぼります。「質実剛健・敬愛・至誠」を柱とした堅実な教育が特徴的な学校で、保育士資格は社会福祉学部の児童福祉コースで学び、取得できます。保育士だけでなく、社会福祉への幅広い視野や知識を深められ、卒業時には、社会福祉受験資格を目指すことも可能です。将来的には、保育士のほかに、児童相談所などのソーシャルワーカーとしても勤務することもできます。その他にも、老人福祉指導主事任用資格、家庭相談員任用資格、知的障害者福祉司任用資格といった様々な資格を取得することも可能です。

社会福祉学部の学費

  • 入学金/300,000円
  • 授業料/800,000円
  • 施設設備費/200,000円
  • 施設維持費/200,000円
  • 年間納付金の合計/1,500,000円

在校生.卒業生の口コミ

少人数のクラスで授業が進んでいき、とても細かい指導を受けられます。

ここは勉強すればするほど、頑張れば頑張るほど、様々な資格を取得できる場所だと思います。

専門的な分野まで踏み込んだ授業を行ってくれるので、とても良い学校だと思います。

聖徳大学

1933年(昭和8年)に創設された聖徳大学は、和と心の教育を大切にする大学として知られています。保育士としての勉強は児童学科の幼稚園教員・保育士養成コースで学べます。他の大学とは違い聖徳大学には昼間と夜間のコースがあることで知られています。もちろん学べる内容は両方とも一緒で保育に携わる初歩的なことから専門的な分野まで深く学習できるのが大きな特徴です。取得できる資格は保育士資格の他に、幼稚園教諭一種、小学生教諭一種、特別支援学校教諭一種、図書館司書、学芸員など多岐にわたります。

児童学科の学費

  • 入学金/440,000円
  • 授業料/ 650,000円
  • 施設費/550,000円
  • 諸会費/413,760円
  • 初年度納入金額/2,053,760円

在校生.卒業生の口コミ

クラス制で、とても和気あいあいとした雰囲気で授業を受けられます。

教えてくれる講師に著名な方が多く、とてもリアルな保育を教えてくれるので満足できると思います。

ピアノが少し大変でしたが、頑張って習得すれば現場でとても役に立つと思います。ピアノ初心者だった友人も日々上達していったことをよく覚えています。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ