忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

1:大学に通う

ここでは、4年制大学に通いながら保育士の資格を取得する方法について、メリットやデメリットなどを解説していきます。 

4年制大学の教育関係学部へ入学が必須

女の子イラスト 画像大学で保育士の資格を取得しようと考えたら、児童教育関係のカリキュラムを組んでいる学部を受験し、入学することが必要です。

保育士資格が取得できる学部は、主に教育学部、社会福祉学部、人文学部、家政学部など。大学は国公立大学、私立大学があり、高校卒業の資格があれば受験できます。

 

ただし、難易度は大学ごとに違いますし、大学入試は高校で学習する内容を理解し、しっかり準備しておかないと対応できません。公立、私立共に試験方法も複雑ですから、志望校に関するリサーチと受験対策が必要です。

保育士以外の資格も同時に取得できる

大学で保育士資格を取る最大のメリットは、無試験で取得できることと、ほかの資格と同時に取得することが可能なことでしょう。

教育学部の中でも児童教育学科、児童福祉学科、といった学科を選ぶと、保育士の資格のほか、幼稚園教諭小学校教諭児童指導員社会福祉士ベビーシッターといった職業に関するスキルを身に着け、資格取得を目指すカリキュラムが組まれています。

4年間通学して該当の単位を取得すると、保育士のように無試験で資格が取得できる場合もありますし、資格試験の受験資格を得られる場合もあります。

学部によって取得できる資格が違いますから、こちらもしっかりとしたリサーチが必要です。

4年間、昼間通学する負担を考えよう

大学は一部夜間の学部もありますが、ほとんどが昼間に通学して授業を受ける全日制。

4年間もの長い期間、午前中から夕方まで毎日通学することを考えると、社会人の方がお仕事を持ちながら在籍するのは中々難しい選択となるでしょう。

逆に、高校卒業直後の学生さんには、大学で児童教育について広く学びながら保育士や教員資格を取得するのが最も効率よく夢に近づく方法であると考えられます。

4年間で数百万円!学費の負担が大きな問題となる

大学で学ぶことの最大の問題点は、多額の学費がかかること。

公立大学であれば、初年度の納入金は入学金を含めて80万円前後、次年度からは50万円前後となります。私立大学は学校によって金額が異なりますが、初年度で120万円〜150万円前後、次年度からは毎年100万円前後のお金がかかります。

4年間通うとなると、数百万円の学費を支払わなければならない計算になりますから、その点もじっくり考慮する必要がありますね。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ