忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

1:大学に通う

女の子イラスト 画像 保育士の資格を取る方法の一つに、大学に通うことがあげられます。

大学で保育士の資格を取得しようと考えたら、児童教育関係のカリキュラムを組んでいる学部で勉強することが必要です。

保育士資格が取得できる学部は、主に教育学部、社会福祉学部、人文学部、家政学部など。大学は国公立大学、私立大学があり、高校卒業の資格があれば受験できます。

ここでは、4年制大学で保育士の勉強をするメリットやデメリットについて検証していきましょう。

大学で勉強するメリット

保育士の資格取得に向けて、大学で勉強するメリットを紹介します。

保育士試験を受けなくてもよい

大学で保育士資格を取る最大のメリットは、無試験で取得できることです。

ただし、入学する大学は厚生労働省が指定した「保育士養成施設」でなければなりません。厚生労働省のホームページに、指定された教育機関の一覧が載っていますので、受験する前に必ずチェックしておきましょう。

実技実習が充実している

大学の養成課程では、実際に保育園などの児童保育施設での、実習があります。特に大学の場合、4年という時間的余裕を持っていることもあり、多くの大学では2回に分けて実習を受けられます。

そのため、1回目の実習で指摘されたことを復習して、身に着ける余裕があるといったメリットがあります。

大学に通う場合は、「時間がかかる」ではなく、「時間に余裕がある」ととらえることができれば、これ以上の環境はありません。

保育士以外の資格も同時に取得できる

「養成施設」と呼ばれるくくりになっていますが、れっきとした大学ですので、卒業できれば当然学歴がつきます。

教育学部の中でも児童教育学科、児童福祉学科、といった学科を選ぶと、保育士の資格のほか、幼稚園教諭小学校教諭児童指導員任用資格といった職業に関するスキルを身に着け、資格取得を目指すカリキュラムが組まれています。

4年間通学し、所定の単位を取得したうえで卒業すると、無試験で資格が取得できます。学部によって取得できる資格が違いますから、こちらもしっかりとしたリサーチが必要です。

大学で勉強するデメリット

保育士の資格取得に向けて、大学で勉強するデメリットを紹介します。

学費が高い

大学で学ぶことの最大の問題点は、多額の学費がかかること。

公立大学であれば、初年度の納入金は入学金を含めて80万円前後、次年度からは50万円前後となります。私立大学は学校によって金額が異なりますが、初年度で120万円~150万円前後、次年度からは毎年100万円前後のお金がかかります。

4年間通うとなると、数百万円の学費を支払わなければならない計算になりますから、その点もじっくり考慮する必要がありますね。

拘束時間が長い

大学は一部夜間の学部もありますが、ほとんどが昼間に通学して授業を受ける全日制。

4年間もの長い期間、午前中から夕方まで毎日通学することを考えると、社会人の方がお仕事を持ちながら在籍するのは中々難しい選択となるでしょう。

逆に、高校卒業直後の学生さんには、大学で児童教育について広く学びながら、保育士や教員資格を取得するのが最も効率よく、夢に近づく方法であると考えられます。

入学試験に合格しなければならない

「時間の確保もできそう」「お金も貯めた」。ここまでクリア出来ても、まだ障害があります。そう、入学試験です。

大学を受験するには、高校を卒業しているか、高卒認定試験に合格していなければなりません。現役の学生さんなら問題ありませんが、社会に出ている方にとっては、「保育士の勉強がしたいのに、また高校時代の教科書を開かなければいけないのか…」なんてことになりかねません。

入学試験の難易度も、大学によってまちまちです。センター試験か一般試験かによっても対策する科目が変わってきます。志望校を選ぶ際は、雰囲気だけでなく合格できるかどうか、偏差値などをチェックしておきましょう。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ