忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » 保育士になるには? 選べる6つの勉強法 » 5:eラーニング・web講座を利用する

5:eラーニング・web講座を利用する

通信講座のなかでも最も手軽に保育士資格の学習ができるeラーニングのメリット・デメリットについてまとめてみました。

これからeラーニングを利用して保育士資格の勉強を始めようと考えている人はぜひ参考にしてください。

保育士資格のeラーニング講座のおすすめはコレ

1位 ヒューマン

受講費用
49,000円
サポート期間
3年間
ヒューマンHP

公式サイト≫

2位 ユーキャン

受講費用
59,000円
サポート期間
2年間
ユーキャンHP

公式サイト≫

3位 キャリア・ステーション

受講費用
232,200円
サポート期間
1年間
キャリアステーションHP

公式サイト≫

※掲載されている情報は2017年11月現在のものです

”いつでもどこでも”が実現できるweb学習

働いていると、どうしても現在抱えている仕事のことで精一杯になってしまい、「しっかりと勉強する時間がなかなか作れない」という人も多いと思います。そんな人におすすめの勉強方法がオンラインで学習を行うシステム「eラーニング」。

スマホやタブレット、パソコンを使って勉強するため、電波があればいつでもどこでも、学習に取り組める方法です。例えば仕事の休憩時間や電車での移動時間でも簡単に勉強ができます。「小さい頃からの夢を実現させたい」「憧れの職業に転職したい」と考え、少しずつでも知識を身に付けておきたい方にピッタリの勉強方法です。

そんなeラーニングは、通信講座を行なっている会社の一部が「eラーニングコース」として導入しており、利用した人の多くから「空いた時間に勉強ができて便利」と人気を集めています。

会社によってカリキュラムやシステム、サービスは異なっているので、利用する前にしっかりと比較し、自分の生活スタイルに合うのは、どこの会社が提供するeラーニングなのかを考える必要がありまです。

最大の利点は「いつでもどこでも」

eラーニングの最大のメリットは、ネットが繋がる環境でさえあれば、スマホ・タブレット・パソコンを利用して、いつでもどこでも学習できるという点です。

通信講座の多くは、DVDやCDに講義を録音し配送するケースがほとんど。そのため、再生するプレイヤーがない人はまずプレイヤーを購入しなければなりません。また、移動中に講義を見ようとデータをダウンロードしようと思ったら、パソコンにDVDのデータを移してパソコンからプレイヤーに入れて…と、かなりの労力が必要です。

ですがeラーニングは、スマホやタブレットなどの端末からネットにアクセスするだけで、すぐに講義の動画・音声を再生ができるため、面倒なインストールは必要ありません。すぐに動画で受講できるので、忙しくてスクール通学の時間を作れない社会人におすすめの勉強法です。

繰り返し復習ができる

大学や短大は大人数を集めた授業形式で勉強を進めていくため、生徒1人ひとりの理解にバラつきが生じてしまいます。人前での発言が苦手だという人は、自分が理解できていないと思っていても、質問ができないからそのままにしてしまうケースも。

一方、eラーニングを導入している通信講座は、一流の講師の講座を生徒1人ひとりに配信する形式です。このため、自分が理解するまで繰り返し何度も再生することが可能。

また、システム上で学習状況を管理しているので、「自分がどのくらい勉強が進んでいるのだろう」と思えば進捗確認もできますし、「もう一度あの部分を勉強したい」と思えば、すぐにピックアップして復習ができるのもeラーニングの特徴の1つ。そのため、学習の効率化を図れます。

もやもや時間が少なくなる

大学に通う最大のメリットは、疑問に感じたところをすぐに講師に質問できるところです。対して通信講座は、メールや提出課題と合わせて質問を投げることはできますが、直接聞ける学校と比べたらレスポンスは遅め。多少、もやもやした時間が長くなってしまいます。場合によっては、勉強に影響し進捗が思わしくなくなるケースも。

ですが、eラーニングを導入している通信講座(会社によって異なります)は、質問に対する回答の速さには心配がいりません。さらに、採点や添削がすぐにできるシステムも導入されており、もやもや時間を生まれさせない工夫がされています。

また、自分が勉強してきた範囲や、いままでの成績を一元管理しているため、得意・不得意を分野ごとに一目で把握することができ、試験までの計画が立ててやすくなるというメリットもあります。

eラーニングのデメリット

ネット環境が繋がる場所ならいつでもどこでも勉強ができるeラーニングですが、いいことばかりではありません。ここでは、eラーニングを利用するうえでの注意点やデメリットを紹介していきます。

自分のペースに流されない人向け

モチベーションの維持

eラーニングの最大のデメリットは「モチベーションの維持が難しいこと」です。通信講座は人が添削や採点をして返却してくれますが、eラーニングは1人でスマホやタブレットに向き合って勉強しなければなりません。

学ぼうという強い気持ちがあっても、誘惑してくる環境に「今日はもういいかな」と思ってしまい、そこから学習意欲がどんどん下がってしまい、気がつけば「資格は取らなくてもいいかな」となってしまう人もいます。

モチベーションを維持するために重要なポイントは「どれだけ自分に厳しくできるか」「強い覚悟を持って勉強を継続できるか」です。eラーニングを利用する際は自分が継続して勉強ができるかどうかもしっかりと考えてみましょう。

実技に関する学習の不足

動画や音声で実技に関する勉強はできますが、その学習成果を確認する方法は、eラーニングでは選択方式や入力方式が主です。そのため、自分が合格レベルのピアノが弾けているのか、絵が書けているのかなど実際にチェックするのが非常に難しいといえます。

特に実技に関しては、個人のクセや特性が見られる場合があるので、試験を受ける前に一度動画などでチェックしておくと良いでしょう。

注意力が散漫になる

通信講座の欠点として「注意力が散漫になる」というものあります。アメリカの雑誌「サイエンティフィック・アメリカン」の研究によると、スマホやタブレットで文章を読んだ人と紙に書かれている文章を読んだ人では、紙に書かれた文章を読んだ人の方が10%ほど理解度が高かったという結果が発表されています。スマホやタブレットを使用して勉強するeラーニングでも気をつける必要がありそうです。

通信環境に左右される

eラーニングは、ネット上にアップされている講義の動画を見て学習を進めていけるのが最大のメリットですが、時にはそのメリットが仇となってしまう場合があるのです。

通信データの大量消費

Wi-Fi環境が整っていないところで学習動画を見てしまうと、当然通信データをたくさん消費してしまうことも。消費するだけならいいのですが、考えられるデメリットとして「スマホの速度制限にかかり勉強が中断される」「電波状況が悪く動画がちょっとずつ再生されるため勉強の中身が入ってこない」などが挙げられます。

フリーWi-Fiで個人情報流出

速度制限を避けようと外出先にあったフリーWi-Fiを利用したつもりが、偽物の電波に接続してしまい個人情報を盗まれてしまったケースがこれまで数多く報告されています。そのため、外出先のフリーWi-Fiには注意しておきましょう。

これらの事態は、あらかじめ容量の大きい契約をすることで回避できますが、そうなると大きな出費に繋がってしまいます。余計なお金を掛けないためにも、大体同じくらいの費用の通信講座も検討してみるといいでしょう。

保育士資格のeラーニング講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー『保育士【完全合格】eラーニング講座』

  • 受講費用:49,000円
  • 教材:受講の手引き、eラーニング講義動画(学科9科目)、実技DVD 1巻、eラーニングシステム上で講義音声データを提供、講義レジュメ10冊、保育士合格テキスト上・下巻、保育士過去問題集、学習資料集、添削問題集1冊、保育所保育指針解説書、保育所保育指針読み上げCD1巻、絵本(実技参考用)1冊、合格サポートDVD1巻
  • 標準学習期間:6ヶ月
公式サイト
講座・サポートの充実度
講義動画 添削回数(学科) 添削回数(実技) 試験対策 サポート期間
5分間のショート動画&ダウンロード機能 9回 無制限 無料の試験対策セミナーあり 3年間
講座の内容 手と目と耳で覚えられるように工夫された講座が特徴。
通信講座でも使用されるテキストは、効率よく学べると評判の逸品。さらに過去問題集の他、学習の進め方やスケジュールについて教えてくれる合格サポートDVDもついてきます。
科目ごとのポイントを解説する講義動画は5分間に編集され、日常のちょっとした隙間時間を活用できます。
フォロー体制 通信講座と同様、演奏や絵画、読み聞かせの添削は無制限で、実技試験対策もバッチリ。
全5回の無料の試験対策セミナーがあり、講師に直接質問をするなど、試験に合格するためのポイントを押さえられるのが嬉しいですね。
1年目の試験で全学科不合格だった場合には、受講料を全額返金する合格保証制度もあり。
また、受講開始から3年目の試験まで、学習サポートを延長して対応しているのは、今回調べた中でヒューマンアカデミーだけでした。
【合格者からの口コミ評判】
  • 私は住まいが近かったこともありリアルセミナーがあると知り、ヒューマンアカデミーを選びました。今にして思えば、先生のおっしゃっていたことはほとんどその通りだと思うことばかりでした。難しいとされている科目、覚えるポイント、本の他にWebで最新の情報を入れることなどです。あまりまじめな生徒でなく、ちゃんとカリキュラムも出来なかったのですが、適切なご指導のもと合格できたと思っています。(20代・OL)
  • パソコンで講習会を視聴出来たので、効率よく学べました。働きながらの学習だったので、自宅で学べるところがとても良かったです。(40代・幼稚園・小学校教諭)

ユーキャン『学びオンラインプラス』

  • 受講費用:59,000円
  • 教材:合格攻略ポイントブック、学習資料集、問題演習ゼミ、新保育士養成講座(教本)1~9巻など
  • 標準学習期間:6ヶ月
公式サイト
講座・サポートの充実度
講義動画 添削回数(学科) 添削回数(実技) 試験対策 サポート期間
ユーキャン講師陣による解説動画 2回 なし 修了試験・統一模試を実施 1年間
講座の内容 ユーキャンの受講生ならだれでも登録できるeラーニングサービスです。
通常の通信講座に加えて、別途登録すればすぐに可能になります。ユーキャンの通信講座には、学科試験の講義DVDがついていませんが、この「学びネット」に登録することで、テキストと連動した講義の動画を視聴できます。
フォロー体制 通常の通信講座のサポートに加え、本教材と連動したレッスン動画を無料で視聴できます。
テキストの各レッスンに対応したWebテストは、スマホでもパソコンでも利用できます。お仕事の帰り道にスマホでチャレンジして、家についたら教科書と動画を同時にチェックして、確実に実力を付けられます。
さらに疑問点が出てきたらメールで質問OK。
【合格者からの口コミ評判】
  • 初めはひたすらテキストを読んだりするだけで、添削問題がないことに戸惑いました。でも学びネットの問題演習は、パソコンで自分がどこまで勉強したかがひと目でわかるし、実力分析ができて便利でいいなと実感。結構役に立ちました。(20代・主婦)
  • テキストを読み進めていくと、何度も同じ語句が出てくるので、初めて聞くような言葉でも関連して覚えやすく、ただテキストを読むだけでも身に付くのかもと思いました。
    ネットで勉強できるのも良い点です。サイトにログインしたら、講義を聴くこともできるし、簡易テストを受けて実力を試すこともできます。(不明)

キャリア・ステーション『インターネット校』

  • 受講費用:232,200円
  • 教材:オリジナルテキスト、法令集、直前ポイントブック、チャレンジ問題集、動画配信授業
  • 標準学習期間:6ヶ月
公式サイト
講座・サポートの充実度
講義動画 添削回数(学科) 添削回数(実技) 試験対策 サポート期間
全52コマ(104時間) HPに記載なし HPに記載なし web上での模擬試験 1年間
講座の内容 通学講座を主体としているキャリアステーションが、遠方の人でも受講できるようにと始めたのが、この「インターネット校」。
24時間受講でき、実際にキャリアステーションで行われた授業を録画し配信するので、通学生と変わらない授業を受けられます。
フォロー体制 通学生が受けている授業を、web上で何度でも受講出来るのが特徴です。動画を見てわからないところがあれば、通学生と同じように専用フォームから質問できます。
動画視聴を中断しても再度開いた際に続きから再生できる、"レジューム機能"がついているので、忙しい人でも、「今日はここまで」とメリハリをつけて学習できます。
【合格者からの口コミ評判】
  • 私はパソコンのみで閲覧していたんですが、スマートフォンなども使われる方はさらに便利だと思います。リアルな授業を撮影した映像そのままだったので、自宅で受けていても教室で受講しているような感覚でした。(40代・主婦)
保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ