忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » 保育士になるには? 選べる6つの勉強法 » 高卒から保育士になるには?

高卒から保育士になるには?

保育士は国家試験をクリアして資格を取得することで、誰でも就ける職業です。なので、高校をこれから卒業する方、高校を卒業して社会に進出し、夢を捨てきれずにこれから保育士を志そうと決意した方などでも大丈夫です。

このページでは、そんな高卒者が保育士になるために必要な情報をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

高卒から保育士になるための6つの道

保育士の仕事は、学歴によって不利になるということはありません。しかし、保育士の資格を取得するまでに、ある程度の回り道をしなければならないことがあります。

基本的に保育士になる方法は大きく分けて二つあります。一つは、厚生労働大臣が指定している保育士養成施設(大学、短期大学や専門学校)などで、必要な科目を履修する。この場合は、養成施設を卒業すると同時に、保育士資格を取得できます。そして二つめは、年に2回実施されている保育士試験を受験して合格する。この保育士試験は国家試験となります。

しかし、これまでの学歴によっては、この国家試験を受験すための要件を満たさない場合があります。それが、高卒や中卒の場合です。費用や時間に余裕があれば、短期大学や専門学校に入学することで、無試験で取得することができますが、すべての人にそれができるとは限りません。

高卒で保育士試験を受けるには

高卒の場合の受験要件は以下の3つとなります。

  1. 1.高校を卒業した年月日が「平成3年3月31日」以前であること。
  2. 2.高校で保育科クラスを「平成8年3月31日」以前に卒業していること。
  3. 3.上記に当てはまらない場合には、規定されている期間の実務経験があること。

もし、3に該当するのであれば、厚生労働省が定めた児童福祉施設(保育所、助産施設、児童養護施設など、全部で11種類)にて、2年以上、2,880時間以上の実務経験を積む必要があります。ただし、この実務経験は一か所の児童福祉施設でなくても大丈夫。約2年間の合計実務時間が規定に達していれば、複数の施設で勤務していても問題はありません。ちなみにこの場合、児童福祉施設では無資格でも勤務することは可能ですが、待遇はアルバイトやパートという扱いで、あくまでも他のスタッフの補助的な役割となります。ハローワークなどに求人が出ている可能性がありますので、ぜひ相談してみるといいでしょう。規定の期間の実務経験を積んだと、厚生労働省が認定すれば、無事に保育士資格の国家試験に臨むことができます。

こうしてみると、学歴よって受験資格に差があるのは不公平だと感じる方もいると思いますが、逆に考えれば、4年間大学に通って座学による知識を仕入れてから現場で働くよりも、より早く保育の現場に足を踏み入れて子どもたちに触れ合うことで、さまざまな実践経験を積むことができます。より、試験問題の内容を肌で理解することも可能になるので、前向きに頑張ってみましょう。

進学する場合

保育士の資格を取得する方法としては、もっとも一般的な方法が、大学や短期大学、専門学校といえるでしょう。そのメリットは、何といっても国家試験を受けることなく、卒業と同時に保育士資格を取得できるということ。もちろん、そのためには厚生労働省が規定している科目を履修することが前提ですが、難関といわれる国家試験を受けなくてもいい、ということで安心感をもって講義を受けられます。ただし、一部の短期大学や専門学校では、受験を必要とする場合があります。入学前には無試験での資格取得ができるかをきちんとチェックしておくことをおすすめします。

それではどういった視点で大学、短期大学、専門学校を選んでいけばいいのでしょうか?まずは、自分の希望と一致させることが必要です。「早く現場で仕事をしたい!」という方は、2年制の短期大学や専門学校がおすすめです。反対に「じっくりと学問として保育という仕事を追求したい!」という方は、4年制の大学へ進学するといいでしょう。

近年ではあまり大きな差は見られなくなりましたが、基本的に大学を卒業しているとしていないとでは、同じ仕事内容でも給料に差が出てきます。勤務する場所や携帯によって異なりますが、平均的な保育士の給料が21万円ほどだとすると、大学卒者は1万円ほど加算される傾向にあるようです。ただし、近年では保育園の経営状況などを照らし合わせて、そういった給料の差はなくなっているということです。

それぞれの学校のポイントをまとめました

大学

メリット

基本的に大学の場合には、朝から夕方までを保育の勉強に費やすことになります。どうしても都合がつなかいということであれば、大学が独自で行っている通信講座や夜間の授業を受けるといいでしょう。また、保育士資格だけでなく、幼稚園教諭や児童指導員任用資格といった、保育士に関連する資格取得を目指せる学校もあります。学校や学部によって、資格の種類やカリキュラムがちがうので、しっかりとリサーチしたうえで受験するようにしてください。

デメリット

まず、保育科が設置されている大学は、比較的にみて偏差値が高く、入学するだけでも相当の勉強が必要になります。また、決められたカリキュラムに沿って授業が進みます。しっかりと出席して履修していくことで単位を修得していきますので、きちんとした自己管理を行っておく必要があるでしょう。そして何よりも、目立つのは学費の高さです。平均すると4年間で500万円ほどの費用を用意しなければならないので、じっくりと考えておく必要があるでしょう。

短期大学・専門学校

メリット

短期大学や専門学校は、2年の間(3年制の学校もあり)、実習を中心とした保育や幼児教育のカリキュラムに取り組んでいきます。大学と同様に、厚生労働省が定めた養成施設となっているため、卒業と同時に保育士資格を無試験で取得することが可能です。学校によっては、幼稚園教諭といった保育士に関連した資格を取得することも可能です。

デメリット

大学よりも学費が安いものの、平均して200万円ほどの費用が必要となってきます。基本的に全日制のカリキュラムが組まれているので、日中に働きながら通うことはまずできません。ただし、夜間や通信制の学部を設けている学校もあるので、よくチェックしておくといいでしょう。メリットとなっている実習中心の授業内容ですが、大学と比べるとどうしても座学の授業が少なくなってしまいます。そのため、足りない知識は自らで調べて修得しておく必要があるでしょう。ただし、講師や周りにいる学友などとも情報共有ができるので、比較的余裕をもった学生生活を送ることが可能です。

保育士試験を受ける場合

それでは、高卒者が国家試験の要件を満たしたとしても、すぐに合格が待っているかというと、そんなことはありません。何しろ、保育士資格は数ある国家試験のなかでも、難易度が高いといわれています。かといって無試験で資格を取得できる進学を希望しようにも、大学で500万円、短期大学や専門学校で200万円ほどの費用はなかなか用意できるものでもないでしょう。やはり、独自に勉強を積み重ねていく方法しか、保育士への道はつながっていかないのです。

「リスクばかりで八方ふさがり」と考えてしまう方もいるでしょうが、逆に考えてみると、2年以上という勉強の期間が与えられているのです。もちろん、通常の保育業務をこなしながらの勉強はとても大変なものです。ですが、日常の業務で保育の仕事に携わっているアドバンテージは大きいものがあります。大学に入学する4年間、短期大学や専門学校の2年間では座学を中心に授業を行っていきますが、実際の保育現場を仕事にしていれば、実習を毎日こなしているようなもの。知識にかんしても自然と身についてくることも多いはずです。それでいて、多額の費用を納める必要もなく、逆にお給料をもらうことができます。無事に資格を取得できたとしたら、進学すればそこからスタートですが、すでに2年間分の経験を積んでいる時点で、よりプロフェッショナルな仕事を積み重ねることができるのです。

このように考えてみると、何も無理をして進学の道を選ぶ必要はないということが、よくわかると思います。もちろん、その行程には並々ならぬ努力や時間が必要ですが、きっと何倍ものメリットを得ることができるはずです。

どのように勉強していけばいいのか?

それでは、進学をしないということはどのように試験勉強を行えばいいのでしょうか?大きく分けると独学か通信講座の二つに絞ることができます。それぞれのメリットやデメリットなどについて簡単に解説していきましょう。

独学

メリット

まず他の進学などと比べて、圧倒的に費用を安く抑えることができます。何しろ、使うお金はテキスト代のみ。後は、本番の試験を受けるための受験費用くらいです。テキストもそう何冊も購入する必要はありません。人によっては2,3冊程度、数千円ほどで勉強できます。ただし、保育士試験は幅広い分野で出題されるので、テキスト選びには時間をかけたほうがいいでしょう。

デメリット

基本的に、すべての学習を一人で行ってきます。そのため、不明点などがあると独力で解決へと導くのがむずかしく、場合によればその答えが正解かどうかも不明瞭なまま進んでしまうこともめずらしくありません。また、モチベーションの維持もむずかしく、平行して仕事をすることになるので、相当苦労するでしょう。

通信講座

メリット

基本的に独学と同じで時間制限もなく、そこにいなければならない場所もないので、時間を有効に活用できます。専門家が監修したテキストが送られてくるので、テキスト選びをする時間を省くことができ、1日にやるべき勉強量も明確になることで、モチベーションの維持に大変役立ちます。インターネットを利用したeラーニングなども活用していくと、質問がしやすく、不明点がそのままになるということもありません。

デメリット

独学ではテキスト代のみで費用を抑えられますが、通信講座では諸経費も含めると平均して5~6万円ほどのお金が必要になってきます。しかし、それでも進学時と比べると格段に安いといえるでしょう。時間の使い方にかんしてはすべて自己管理でますが、逆をいえば、学習のすべてを自分で管理しておく必要があるということ。スケジューリングをきちんとやっておかなければ勉強を進めていくのはむずかしいでしょう。

このように、独学と通信講座ではさまざまなメリットやデメリットがありますが、やはり、不明点を聞くことができる通信講座は大変に魅力的です。しっかりと、無理のない目標のもとで、集中して勉強できる方法を選ぶようにしましょう。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ