忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » 保育士になるには? 選べる6つの勉強法 » 保育士資格を取るおすすめ勉強法とは?

保育士資格を取るおすすめ勉強法とは?

保育士資格を取りたいけど、自分に合ったやり方がわからない!と悩んでいる方も多いと思います。ここでは、様々な状況に応じて、一人ひとりにあったお勧めの勉強方法を紹介します。

自分に合った取り方を選ぼう!

保育士は、国家試験をクリアして資格を取得した後に、初めて取り組める仕事です。しかし、その国家試験の難易度は非常に高く、相当な勉強や努力が必要になります。その勉強法も、大学、短期大学や専門学校、通信制大学、通信講座、独学と、様々な方法があるのです。

そこで、ここからは勉強法の特徴はもちろん、社会人、大卒、高卒、中卒など、様々な立場の人たちが保育士を目指すために気をつけておきたいことについて、徹底的に調査して掲載しています。是非参考にしてみてください。

働きながら保育士になるには

保育士資格を取得するには二通りの方法があります。まずは、厚生労働省が定めたカリキュラムがある、大学や短期大学、専門学校に通って、卒業すること。この場合、卒業と同時に保育士資格を得ることになります。そしてもう一つは、年に二回行われている、保育士資格のための国家試験に合格することです。

働きながら資格を取得するには、大学などの教育機関に通う時間が取ることが難しいため、必然的に国家試験に合格する以外にありません。この場合「通信制大学」「通信講座」「独学」という勉強方法のなかから一つを選択することになります。

通信制大学でも、卒業と同時に資格を取得することは可能です。しかし、実習などの勉強をするために、スクーリングをしなければならず、その期間はどうしても仕事を休まざる得なくなります。

通信講座や独学は、基本的には自宅などで学習を行うので、時間を有効的に使うことが可能です。また、先述したとおり、他の教育機関と比べて費用がとても安価に抑えることができるので、初心者でも始めやすい、というメリットがあります。

保育園の補助として働くことができれば、実践力を身につけることもできるので、一石二鳥といえるでしょう。ただし、その場合、試験が免除されるということはないので、注意が必要です。

主婦・社会人から保育士になるには

保育士を目指す方の中には、「すでにほかの仕事をしている」「年齢的に大丈夫なのかな?」といった不安を抱えている方もいるのではないでしょうか?

結論から言ってしまうと、それらの不安は、保育士になる障害にはなりません。保育士資格は、取得するのに年齢制限は一切なく、試験さえ合格すれば何歳からでも、それまでの経験の有無に関係なく、保育士として働くことができるようになります。

ただし、くどいようですが、保育士試験は5人に1人しか受からない、難易度の高い試験です。きちんとした学習を積まなければ、なかなか合格は難しいでしょう。しかし30~40代の資格取得者の割合を見てみると、30%以上の人が合格しているので、難しいけれど決して合格することが不可能な試験でもないのです。

それでは実際に、社会人や未経験者が試験に合格するには、どのような勉強をしていけばいいのでしょうか?

お金と時間に余裕があるのであれば、大学や短期大学、専門学校に通って一から知識を学習していくことができますが、何百万円という費用がかかるうえ、通学などを考えると、なかなかそうもいかないでしょう。そうすると、時間や費用面を考えると一番現実的なのは、通信講座や独学になってきます。

特に通信講座は、仕事をしながらでも学習できますし、不明点をヒアリングすることも可能です。

保育士の勉強に通信講座がオススメな理由

保育士資格取得講座を受講するメリットや、その魅力について詳しくご紹介しましょう。

いつでも始められる手軽さが魅力

保育士の資格取得を目指す通信講座は、様々なタイプのものが開講されていて、インターネットや電話、郵送などで簡単に申し込みが可能。「資格の勉強がしたい!」と思い立ったら、すぐに学習が始められます。

テキストやDVDなどは一式まとめて郵送されますから、自宅にいながら必要な物がすべて揃うのも便利。小さなお子さんがいるママさんなど、頻繁に外出できない方でも、手軽に資格取得を目指すことができますね。

忙しくても続けられるのは通信講座だけ

現在社会人で、お勤めしながらスキルアップのために保育士資格を取得したいとお考えの方は、専門学校などに通学して学習するのは、ほぼ不可能。夜間の学校であっても、仕事との両立はかなり難しいですから、現実的な方法とは言えません。

そこで、忙しい社会人の方でも資格取得できる方法としておすすめなのが、通信講座です。

教材はすべて揃いますし、学習方法もきちんとレクチャーされます。自宅学習のほか、通勤時間などちょっとした空き時間を使って学習できますから、どなたでもコツコツ着実に合格へと近づくことが可能なのです。

合格のコツが満載の教材で効率的に学習できる

通信講座の教材は、お仕事や家事、子育てで忙しく、長時間の学習時間を取れない方を想定して作られています。ですから、短時間でも効率よく学習が進められるような工夫がなされている場合が多いようです。

テキストには、試験の出題範囲の中でもめったに出題されない無駄な部分は省き、頻出の問題を重点的に学習したりと、効率よく合格するコツがちりばめられています。DVDを見て、テキストを読んだだけで確実に合格できる知識やスキルが身につく、そんな優秀な教材が用意されているところも、通信講座の魅力のひとつと言えますね。

学費が安くて済むのも嬉しい

通信講座の最大のメリットは、学費が安く済むこと。

4年制大学や短大、専門学校に通って勉強するとなると数百万円の学費が必要となりますが、通信教育ならほとんどの講座が5〜6万円前後で受講できます。

保育士の資格を取りたいけど、費用をあまりかけたくないという方にとっては、通信講座が最も現実的な方法ですね。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ