忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

2:短大・専門学校に通う

短大や専門学校に通いながら保育士の資格取得を目指す方法について、メリットやデメリットを解説していきましょう。 

保育専門コースなら卒業時に資格取得できる

イラスト がぞう2年制短期大学や専門学校には、保育や幼児教育を専門に学ぶコースや学部があり、保育理論や幼児の発達、児童心理などに関するカリキュラムが組まれています。

これらのコースを専攻して単位を取得すれば、卒業と同時に保育士資格を取得できますから、資格取得のためにわざわざ国家試験を受験する必要はありません。

また、同時に幼稚園教諭などの資格を取得できるコースもあり、ご自身の将来の夢を考えて入学する学校を考えてみるとよいでしょう。

ちなみに、短期大学の場合、4年制大学ほど難易度は高くありませんが、入学試験が課せられますので、受験対策が必要です。

同じ資格を目指す仲間と共に学ぶ

短期大学や専門学校は、4年制大学よりも目的意識を強く持った生徒が多いという特徴があります。

幼児教育の専門コースなら、入学してくる生徒は幼稚園教諭や保育士を目指している人がほとんど。みんな子供が大好きで、子供と関わる仕事がしたいという志を持って集まって来る仲間です。同じ目的を持った仲間と共に2年間学ぶことは、スキルや知識を得るために大きな意義があるでしょう。

また、教える教員の側もそれを考慮して、実際の保育現場に近い形の授業を行ってくれるというメリットがあります。

働きながらの通学はちょっと大変…

短期大学のほとんどの学部は、平日の昼間に通学する全日制。専門学校についても、一部夜間のコースがありますが、昼間部のコースの方が多いのが現状です。

2年または3年間、午前中から夕方まで毎日通学することを考慮すると、やはり社会人の方にとっては難しい選択肢であると言えるでしょう。

夜間部を選んだ方でも、仕事や家庭との両立はとても難しいものになるでしょう。

2年間の学費についても考慮しよう

短期大学や専門学校で学ぶ方法についても、4年制大学と同様に学費の問題が重くのしかかります。

保育資格を取得できる短期大学は、ほとんどが私立大学ですから初年度の納入金は120万円前後、専門学校についても初年度に100万円前後の学費を納めなければならない学校が多いようです。

4年制大学よりは負担が少ないとはいえ、高額の学費がかかりますから、この点が最大の問題点であると言わざるを得ません。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ