忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » 保育士になるには? 選べる4つの勉強法 » 3:大学や短大の通信制で勉強する

3:大学や短大の通信制で勉強する

 書類選考のみで入学が可能なところがほとんど

保育士資格は、通信制の短大や大学で取得することができますので社会人になってから保育士になることも可能です。

とはいえ、入学試験があるのではと心配な人もいることでしょう。通信制の学校は、書類選考のみで入学可能なところがほとんどです。

中には年1回の学校もありますが、入学時期は4月と10月の年2回の学校が多く、大学や短大を卒業している人であれば最短2年で保育士資格を取得できます。

普段はテキストやオンライン動画で授業を受けることになりますが、通信制だけでは不安を感じる人は、場所は限られるもののスクーリングを受けることもできますよ。

短大卒や大卒の学歴も取得できる

保育士資格を取得できる通信制の大学や短大は、れっきとした正規の大学ですので、卒業すると短大卒あるいは大卒の学歴を取得できます。学歴は履歴書に書くものですから、高卒や短大卒の人は入学試験なしで上位の学歴を取得できるというのはメリットですね。

すでに短大か大学卒業の学歴がある人は、大学編入の制度を利用すれば短期間で保育士資格を目指すことができます。

学校に通う時間が短ければ、時間とお金の両方の節約になりますのでぜひ活用しましょう。最近は、保育士と幼稚園教諭のダブル資格を目指す人が増えています。

保育園と幼稚園はそれぞれ別の目的でつくられ、管轄している役所が異なるのですが、待機児童の解消や子どもの数が減っていることを理由に幼保一体の認定こども園が増えています。

せっかく学校に行きなおすなら、誰もが少しでも役に立つ資格を取りたいと思うもの。しかし、そもそも働きながら学ぶというのは大変なことです。

最低でも2年間学び続けなければならないのは、並大抵の努力では通用しません。途中でドロップアウトしてしまったら、それまでの努力は水の泡です。

時間もお金もかかるからこそ、無理せず確実に卒業できるルートを考えることも大切です。

 

卒業と同時に資格取得ができない学校もあるので、注意

多くの学校が学校を卒業すると同時に保育士資格を取得することができます。

しかし、中には卒業と同時に資格取得ができず、あらためて保育士試験に合格しなければならない学校もあります。

たとえば、愛知産業大学短期大学は保育士試験を受ける必要のある学校の一つです。この学校はスクーリングの費用など追加費用が発生しないのが大きなポイント。

学費が他の学校に比べて低く、eラーニングがスマホやタブレット端末でも受講できます。通信制を利用する際には、さまざまな方法で学習できることが必要なので、ネットで受講できる環境が整っているのは大変魅力です。

2年で卒業ができるのでトータルコストも安く抑えられます。もちろん保育士試験に対応した学びもできます。

卒業と同時に保育士資格が取得できないのはデメリットですが、コストやスクーリングのしやすさ、学習環境など総合的に考えると検討してみる価値のある学校といえるでしょう。

費用は通学に比べてかなり抑えられる

通信制のメリットの一つは、通学に比べて費用面がかなり割安になることがあげられます。

大学の場合は最大4年間勉強することになるので、期間が長くなればなるほどコストの差は歴然です。

大まかに言って、通信制は通学と比べて費用が4分の1から5分の1に抑えられます。

最短2年で卒業できる学校をおすすめするのは、このためです。しかし、学校選びを学費の安さだけで行うのは注意が必要です。

スクーリングが別途となっている学校の場合、学校までの交通費や宿泊代など予想外の出費がかかってしまいます。

実習費用や補助教材費も各学校でばらつきがありますので、学校を選ぶ際には学校の特色だけでなく、自宅から学校までのアクセスやスクーリングの回数などを考慮して決めることが大切です。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ