忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » どうやって資格を活かす? 保育士としての働き方

どうやって資格を活かす? 保育士としての働き方

あなたは、保育士の資格を有効活用して、自分の才能を発揮できる職場とはどんなところだと思いますか?

保育士を一生モノの仕事とするために

保育士の資格を持っていると有利な職場は、何も保育所だけではありません。現在は、企業や施設など子供の保育にまつわる様々な現場で、保育士の知識やスキル、マンパワーが求められているそうです。

『3年計画でやっと保育士の資格をゲットしたというのに、働き口がない…』なんて悲惨な状況へ陥らないためにも、資格取得の前にまずは保育士の仕事内容や職場について、しっかりとリサーチしておくと良いでしょう。

そこで「資格を取ったらどんな職場へ就職できる可能性があるのか?」「職場での具体的な仕事内容は?」「職業としての将来性は?」といった、保育士にまつわる基礎知識や働き方の実例、最新情報などをまとめて解説します。資格取得後、実際に保育士として活躍している先輩のエピソードなどもご紹介しますから、これからのステップアップの参考になさってください。

保育士の就職先は、保育所や保育園だけではありません。児童館や学童保育、民間のベビーシッター事業所、企業の保育室、ショッピングセンターの託児施設、幼児教室などなど、挙げればいくらでも出てきます。

ここでは、保育士の代表的な就職先を紹介し、それぞれ具体的にどのような働き方をしているのかを解説しています。

保育士の仕事とは、一言で言ってしまえば、「親代わりとなって子供たちの世話をする仕事」です。でも実際には、とてもこの一言では語れないほど、深い仕事でもあるのです。

心身の健康を促す仕事、社会性を身に付けさせる仕事、適切な生活習慣を身に付けさせる仕事、保護者のサポートをする仕事など、保育士は様々な側面を持った仕事なのです。

保育士がどんなに素晴らしい仕事であったとしても、収入が寂しければ少々問題です。保育士の気になる月収、年収はどのくらいなのでしょうか?また、収入の将来性はどうなのでしょうか?

ニーズがますます高まっている仕事であり、また人手不足が深刻であることに鑑みると、現状の給与事情はさておき、少なくとも将来的には十分に期待されます。

このページでは、実際に保育士資格を通信講座で取得し、保育の現場で働いている人たちの生の声を紹介しています。

30歳になったことを機に、自分の夢を見つめ直して保育士にチャレンジした女性の体験談や、また、40歳になってから一念発起して保育士試験にチャレンジした女性の体験談など。先輩方からの、とても参考になるアドバイスが集約されています。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ