忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » どうやって資格を活かす? 保育士としての働き方 » 保育士に向いている人・向いていない人の特徴

保育士に向いている人・向いていない人の特徴

共働き世帯の増加にともない、保育園の需要は急増し、全国的な保育士不足が社会問題となっています。

まだまだ就職難が色濃く残る現代、働き先に困らないという点は大きな魅力ですが、保育士の仕事はやりがいや喜びが大きい反面、心身の強さが求められる職業でもあります。

生半可な気持ちで保育士を選ぶと後悔することになりかねませんので、自分は本当に保育士に向いているのかどうかじっくり考えて結論を出すようにしましょう。

ここでは保育士に向いている人と向いていない人の特徴をそれぞれまとめてみました。

保育士に向いている人の特徴

特徴1.子ども好きな人

保育士は子どもと接する職業なので、子ども好きであることは必須。

保育士は心身ともに負担の大きい仕事ですが、大好きな子どもと触れあえることに喜びややりがいを感じられるのであれば、長く続けることができるでしょう。

ただ、単純に子どもが好きという気持ちだけでなく、子どもの成長を促すような指導を行える力量も大切。

時にはびしっと叱ったり、大事なことを諭したりする厳しい心も持ち合わせていることも保育士に欠かせない要素と言えるでしょう。

特徴2.体力がある人

毎日のように元気いっぱいの子どもの相手をするのは至難の業。一緒に遊びながらも、担当している子ども達全員に目を配り、危険なことをしていないか神経を張り巡らせていなければなりません。

しかも保育士ひとりに対し、担当する子ども達は複数いるので、体力がなければとても勤まりません。

また、最近は男性の保育士も増えてきましたが、まだまだ女性社会であることに変わりはありませんので、力仕事も自分で何とかするのが基本。

自分で動く行動力とそれに見合う体力を兼ね備えた人こそ保育士にふさわしい人材と言えます。

特徴3.メンタル面が強い人

子どもはかわいいばかりではなく、時にはわがままを言ったり、泣き出したりして保育士を困らせることもあります。

また、子どもの相手よりその保護者への対応が難しいという保育士は非常に多く、慢性的にストレスを抱えている人も少なくありません。

さらに極めつけは、職場の人間関係。女性の多い職場は親しみやすい反面、一度こじれると修復が難しい面もあります。

まったくストレスを感じないという人はいないと思いますが、メンタル面が強ければ自分なりの方法でストレスを発散したり、落ち込んでもすぐにポジティブ思考に切り替えたりできるので、誰が相手でもそつなく付き合っていけるでしょう。

特徴4.コミュニケーション力に長けている

保育士は子どもやその保護者と密接に付き合う職業なので、それなりのコミュニケーション能力が求められます。

コミュニケーション力に長けている人は子どもから「明るくてやさしい先生」と親しまれますし、保護者からは「気配り上手で信頼できる先生」と好印象を持たれやすくなります。

子どもからも保護者からも信用されている保育士は職場にとっても貴重なので、待遇が良くなる可能性もあります。

保育士に向いていない人の特徴

特徴1.人前に出るのが苦手な人

保育士は子どもや保護者を相手にする職業なので、人前に出るのを避けることはできません。

日常の業務では子ども達の前でお話ししたり、歌を歌ったり、ダンスを踊ったりしなければなりませんし、大きな行事の時は園の代表として司会進行を務めなければいけないこともあります。

また、恥ずかしがり屋の人は声も身振りも小さくなりがちですが、子ども相手は何事も「大きく」が基本。

恥ずかしさが勝って思い切った行動を取れないのであれば、保育士の仕事には不向きです。

特徴2.保育士の仕事にこだわりがない人

保育士は非常にニーズが高いため、条件を選びすぎなければすんなり就職先が決まることもめずらしくありません。

共働き世帯が今後も増加していくことを考えると需要はますます拡大するため、「働き先に困らない」という理由で保育士資格を取得する人もいるようです。

ただここまで説明してきた通り、保育士は生半可な気持ちで勤まるような易しい職業ではありません。

子ども好きであれば子どもの喜ぶ顔見たさにモチベーションを維持することもできますが、もともとこだわりのない人は満足感や達成感を感じられず、やがて心身が疲弊して途中で挫折してしまう可能性大。

「ただ何となく」で保育士を選ぶのであれば、別の職業に就くことを検討したほうがよいでしょう。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ