忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

気になる収入や将来性

いくらやりがいのある仕事とはいえ、働きに見合っただけのお金がもらえなければ働く意味がありません。気になるのはお給料の問題ですよね。

『保育士の月収や年収はどの程度?』、『今後、お給料が増える可能性はあるの?』といった気になる給与に関することや、保育士という職業の将来性について、詳しく考えてみたいと思います。

現在の保育業界の賃金は年収320~360万円ほど

保育士 イラスト保育士の仕事は子供を相手にするだけではなく、保護者とのコミュニケーションや保育士同士の人間関係にも気を配る必要があります。

もちろん、保育の専門スキルが必要ですし、特殊な勤務形態の職場もあり、精神的にも体力的にも意外とハード。それに見合っただけの収入が得られるかどうかは、気になるポイントですよね。

結論から言うと、残念ながら保育業界全体の賃金は、他業界から比べて低めと言わざるを得ません。

保育所に正社員として採用された場合であっても、「月16~17万円前後+各種手当」というのが相場。年収にすると320~360万円程度ということになります。

この金額は、勤務する地域によっても違いがありますし、保育所の形態によっても差がありますが、いずれにせよ、保育士の実際の仕事量に対する賃金としてはかなり少ない感じは否めません。憧れの保育士という仕事についてみたものの、『お給料は予想よりも少なかった…』、なんてちょっと残念ですよね。

しかし、保育士の将来性について言えば、このようなマイナス要素だけではありません。

保育士の需要は高まるばかり!賃金アップの可能性も

男の子 イラスト待機児童数が社会問題化していることからも分かるように、共稼ぎ世帯の増加に伴って、何らかの形で子供を預けたいと考えている保護者は急激に増えています。

そんなニーズに応えるために、これまでのような保育所に限らず、認定こども園や保育ママなど、新しい形の保育施設が開かれたり、一般企業による保育事業への参入なども始まり、保育業界は変化の時を迎えているのです。自治体やお役所だけが保育に関わっている時代が終わり、民間企業が参入することでビジネスとして発展していく可能性は十分に考えられます。

今後、ますます保育士への需要が高まることが予想され、保育士の賃金や地位も向上する可能性も高いといわれています。現在は優遇されていると言い難い保育士ですが、今後の将来性に期待する声も高まっているのです。

年収から見たパート保育士の現状

正社員の賃金や年収について解説しましたが、結婚後にパートとして働いている保育士も非常に多いです。そこで、正社員だけでなくパートとして働いた場合の年収などの金銭面についても解説していきます。

パート保育士の平均年収と正社員との比較

正社員と違ってパートの場合、働く時間や頻度によって年収は変わりますので、一律的に考えることはできません。それでも、一般的な年収を比較してみると、パートで働く保育士の平均年収は100万円~120万円程度となっています。ですので、月あたりで考えてみると10万円前後の収入があることがわかります。

ただ、始めにも触れたようにパートの場合は働き方に個人差があります。そこで、最も年収が高い金額を比較してみましょう。公立保育園で働く正社員で年収が最も高いのは約500万円です。そして、パートとして働いている人の最も高い年収は約300万円となっています。

つまり、正社員とパートでは年収では約200万円、月給では約15万円の差があることが分かります。もちろん、働く場所や自治体、経験年数によって変わりますが、正社員の方が多くの年収を受け取っていることがわかります。

パートで働くメリットは?

正社員とパートの年収を比べてみると、保育士であっても正社員として働く方がメリットが高いです。では、パートとして働くメリットはないのでしょうか?確かめていきましょう。

先にも触れたように、パートとしての働き方は個人差が大きいため、簡単に年収を平均化することはできません。300万円以上の年収を受け取っている方もいれば100万円以下の方もいます。そのため、単純にパートの方が絶対に給料が低いとはいえないのです。

例えば、上記のようにパートとして働いても年収が約300万円ある場合はフルタイムで働いていることが考えられます。すると、正社員の平均年収とそこまで大きな差がないことが分かります。

つまり、保育士として働く場合、正社員でもパートでも働き方が同じ場合は給料が同程度なのです。ですので、結婚をきっかけに離職しても働き方次第でパートでも正社員と同じ水準の給料が貰えるため、保育士には安心して離職や復職ができるということがメリットになるのです。

パートの場合の残業代は?

パートで働くことのメリットとして給与が正社員と同程度であることを解説しましたが、働く上で気になることが残業代の有無です。原則として、パートの場合でも残業は支払われますし、全体の基本給が正社員と同程度であれば残業代の金額も同じであると考えられます。

ただ、注意しなければならないことがあり、それはパートには残業させないことが多いということです。保育士に限らずパートには残業させる企業は少なく、残業は正社員が行うものという考え方が浸透していることがあります。

そのため、残業代として正社員と同じ金額を受け取れても、そもそも残業をさせないため残業代が発生しないということもあるのです。その結果、残業代による差が正社員との給与の差として現れる場合があります。

しかし、これは考え方によって、定められた時間内に仕事を終えられるというメリットにもなります。ですので、一概に残業代がないから年収が少ないと考えるのではなく、働き方にも注目してパートとして働くことのメリットを考えてみてくださいね。

働く場所によって給与格差がある

さて、保育士の中で度々問題となることが給与格差です。ですが、これは正社員とパートではなくて、働いている保育所や幼稚園によって受ける年収に差が現れてしまうことが問題視されています。

一般的に所得が低くなっているのは自治体が運営している公立保育園で、高いのは私立の保育園や認可保育園です。これは、保育料の設定などにも関係しており、公立保育園はどんな人でも利用ができるように自治体が一律で決めてしまうため、どうしても園の収入が増えず結果として、給料にも影響を与えてしまうのです。

一方で私立の場合も、誰でも通うことができますが、個人や企業が運営しているため、保育料を自由に決められます。その結果、保育士への給料も高水準に保つことができ、公立保育園の保育士との給与格差が生まれているのです。

この格差は正社員だけでなくパートの場合も同じです。給与面を考える場合には、正社員もパートも私立の保育園や認可保育園で働くのが最適な選択となるでしょう。ただし、保育料が高いことから求められる能力も高いですので、経験年数によっては公立保育園などで働くことも大切な選択肢の1つになりますよ。

金銭面から考える資格取得のメリット

最後に、働くために重要な要素の1つである収入などの金銭面から、保育士の資格取得のメリットを考えていきましょう。

離職によるリスクが低い

保育士の資格を取得する最大のメリットになるのが働き方による収入の差が少ないことです。女性が働く場合、どうしても結婚や出産などによって離職を考える機会が現れ、仕事かプライベートかという重要な2択に迫られてしまいます。

しかし、保育士の場合はパートでも正社員並みの給料を得ることができ、かつ人手不足などにより復職も他の業種に比べれば行いやすいです。そのため、離職することのリスクが小さいため、きちんと仕事とプライベートの両立が可能なのです。この選択ではなく両立できることが働く女性にとって非常に大きなメリットになるのです。

働く場所が拡大している

保育園不足と同時に保育士不足も問題視されており、今まで以上に多くの場所で活躍が望まれています。そのため、復職だけでなくベビーシッターとして一人ひとりの子供と向き合ったり、夫が働く会社の託児所などで働いたりと、さまざまなところで働くことも可能です。ですので、現在他職種に勤めている人も通信などを利用して保育士の資格取得を目指す人が増えているのです。

さらに、資金に恵まれれば、あなた自身が園長となり保育園の経営者になることも可能です。つまり、保育士になるには資格取得などの勉強が必要ですが、資格を取得できれば働く場所や働き方など選べる道が無数に広がっているのです。基本となる保育園などの仕事を通して、あなただけの保育のプロフェッショナルを目指せることも大きなメリットといえるでしょう。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ