忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

気になる収入や将来性

いくらやりがいのある仕事とはいえ、働きに見合っただけのお金がもらえなければ働く意味がありません。気になるのはお給料の問題ですよね。

『保育士の月収や年収はどの程度?』、『今後、お給料が増える可能性はあるの?』といった気になる給与に関することや、保育士という職業の将来性について、詳しく考えてみたいと思います。

現在の保育業界の賃金は年収320~360万円ほど

保育士 イラスト保育士の仕事は子供を相手にするだけではなく、保護者とのコミュニケーションや保育士同士の人間関係にも気を配る必要があります。

もちろん、保育の専門スキルが必要ですし、特殊な勤務形態の職場もあり、精神的にも体力的にも意外とハード。それに見合っただけの収入が得られるかどうかは、気になるポイントですよね。

結論から言うと、残念ながら保育業界全体の賃金は、他業界から比べて低めと言わざるを得ません。

保育所に正社員として採用された場合であっても、「月16~17万円前後+各種手当」というのが相場。年収にすると320~360万円程度ということになります。

この金額は、勤務する地域によっても違いがありますし、保育所の形態によっても差がありますが、いずれにせよ、保育士の実際の仕事量に対する賃金としてはかなり少ない感じは否めません。憧れの保育士という仕事についてみたものの、『お給料は予想よりも少なかった…』、なんてちょっと残念ですよね。

しかし、保育士の将来性について言えば、このようなマイナス要素だけではありません。

保育士の需要は高まるばかり!賃金アップの可能性も

男の子 イラスト待機児童数が社会問題化していることからも分かるように、共稼ぎ世帯の増加に伴って、何らかの形で子供を預けたいと考えている保護者は急激に増えています。

そんなニーズに応えるために、これまでのような保育所に限らず、認定こども園や保育ママなど、新しい形の保育施設が開かれたり、一般企業による保育事業への参入なども始まり、保育業界は変化の時を迎えているのです。自治体やお役所だけが保育に関わっている時代が終わり、民間企業が参入することでビジネスとして発展していく可能性は十分に考えられます。

今後、ますます保育士への需要が高まることが予想され、保育士の賃金や地位も向上する可能性も高いといわれています。現在は優遇されていると言い難い保育士ですが、今後の将来性に期待する声も高まっているのです。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ