忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » どうやって資格を活かす? 保育士としての働き方 » 保育士の働き方 正社員とパートの違いとは

保育士の働き方 正社員とパートの違いとは

正社員として働く

保育士資格を専門学校や通信などで取得して正規で勤めることになります。公立保育園に勤める場合は、さらに地方の公務員試験に合格する必要があります。職務内容としては、担任保育士となって負担が大きい業務を行ったり、パート職員の指導なども行います。ただし、公立保育園は民営化の流れが進んでおり、正社員の比率も以前と比べると減少傾向にあります。

メリット

正社員は雇用期間の制限やリストラが無いため、非常に安定しているという特徴があります。また、長く勤めることができるので、昇進や昇給にも期待できます。特に、公立保育園の場合は決まった年数で昇級することが多いため、将来の計画が立てやすいです。また、賞与や住宅補助などの福利厚生も充実しています。

デメリット

残業時間が多く、持ち帰りの仕事や休日出勤に思った以上の時間がかかります。また、せっかく子供とふれあえる仕事を選んだのに、昇級して主任になると事務仕事がメインとなり、子供と一緒の時間は少なくなります。

また、子供を管理するという職業柄、何かあったときの責任は重く、その大半は正社員にかけられることになります。

パートで働く

保育士になるには、何も資格を必ず取得する必要はありません。保育士の資格を持っていない場合は、パートとして働くことが可能です。ただし、保育所の求人内容によってはパートであっても資格が必要なケースもあります。資格が必要ない保育士の求人は倍率が高い傾向にあります。

メリット

保育士は残業や時間外での活動がありますが、パートではほとんどありません。生活スタイルによって臨機応変に働く時間を変えることができるのが一番のメリットです。たとえば、小さな子供がいる場合などはパートで働いて決まった時間に帰宅するような働き方も可能となります。また、公立保育園でなければ副業が可能な場合もあるため、スキルを活かして別の仕事と両立させることも可能です。

デメリット

パート保育士時間は月給が少なく、ボーナスも出ないのでどうしても収入は低くなりがちです。また、保育士という職業は比較的、同僚との連携やコミュニケーションが重要です。短時間で勤務する人の場合は、職場にうまく馴染めずに人間関係に悩んでしまう人も少なくありません。

待遇の違い

正社員は福利厚生や給与がしっかりしていますが、公立保育園であってもサービス残業などを求められるケースが多いです。一方、パートの場合は、正社員と比べると雇用規則が厳しいため残業は少ないでしょう。

保育士の需要が増えるにつれて正社員の割合は減少傾向にあり、公営保育所の53.5%、市営保育所の38.9%が非正規雇用となっています。

参考:(pdf)厚生労働省 平成27年保育士等確保対策討論会「保育士などに関する関係資料」

仕事内容の違い

保育士は子供とふれあう仕事というイメージがありますが、実は保育所によって業務内容は異なります。場合によっては、業務時間の半分以上が事務作業ということもあり、多くの場合は正社員が事務作業を担当します。単純に、子供とふれあう仕事をしたいならば、パートの方が割合は圧倒的に多いでしょう。

また、パートはあくまで正社員の補助的立場という扱いとなるため、仕事内容も簡単なものが多く、あまり神経を遣わずに作業することができます。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ

おすすめヒゲ脱毛の総合ガイド

まずはここから! 保育士の資格取得ナビ