忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

どんな就職先があるの?

保育士の資格を取得すると、どのような働き方が可能になるのでしょうか。

保育士資格保持者の就職先をまとめてみました

資格取得後の就職先として考えられる施設などを、細かく解説しましょう。自分がどんな職場で働きたいか、実際に働いている姿を想像しながら考えてみてください。

保育所・保育園

保育士 イラスト保育所や保育園は、認可や認定、公立や私立など様々なタイプがありますし、乳児から年長さんまで、預かる子供の年齢や人数、規模も違います。

病棟保育所などの特殊な職場もありますし、深夜保育を行っている保育所などの場合は、勤務体系が特殊なことも。

職場選びの前に、自分が持っているスキルや、どんな職場で働きたいかといった希望を明確にしておきましょう。

児童館や学童保育など

乳児から小学生まで幅広い年代の子供たちが安全に遊べる場を提供し、発達を促す活動をする児童館、共稼ぎ世帯の児童が放課後を過ごす場として重要な役割を担っている学童保育でも、保育士の有資格者が活躍しています。

長時間でも飽きずにいられる遊びを考えたり、お絵かき、おもちゃ作りなど、様々な活動を提案し、子供たちの体や心の発達をサポートしていきます。

乳児院・児童養護施設など

何らかの理由で親が療育できない乳児や幼児、児童が入所する保護施設。保育所との違いは、24時間・365日の生活支援を行うことです。子供たちにとっては、施設が家となり職員が親となって成長を見守ります。

勤務時間が長くなりますし、勤務体系が特殊な場合も多いので厳しい職場と言えますが、1人1人の子供達との関わりが深く、やりがいのある職場でもあります。

ショッピングセンターなどの託児施設

女の子 イラストデパートやショッピングセンターのほか、病院や自動車学校、イベント会場などで開設されている託児施設。

大抵は時間給で勤務時間が短めとなっています。

パートタイムで働けるので負担は少なめですが、初対面のお子さんと接することが多いので、高いスキルが求められることもあります。

 

幼児教室・ベビーシッターなど

幼児の習いごと教室のほか、個人宅で子供を預かるベビーシッターなどでも、保育士の資格を活かすことができます。多くはパートタイム勤務となり、高額な時給となる職場も。

ただし、幼児教室では保育スキル以外の技術が必要とされることも多いですし、ベビーシッターの場合は、依頼主の要求に臨機応変に応えるスキルが要求されます。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ