忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

どんな就職先があるの?

保育士の資格を取得すると、どのような働き方が可能になるのでしょうか。

保育士資格保持者の就職先をまとめてみました

資格取得後の就職先として考えられる施設などを、細かく解説しましょう。自分がどんな職場で働きたいか、実際に働いている姿を想像しながら考えてみてください。

保育所・保育園

保育士 イラスト保育所や保育園は、認可や認定、公立や私立など様々なタイプがありますし、乳児から年長さんまで、預かる子供の年齢や人数、規模も違います。

病棟保育所などの特殊な職場もありますし、深夜保育を行っている保育所などの場合は、勤務体系が特殊なことも。

職場選びの前に、自分が持っているスキルや、どんな職場で働きたいかといった希望を明確にしておきましょう。

児童館や学童保育など

乳児から小学生まで幅広い年代の子供たちが安全に遊べる場を提供し、発達を促す活動をする児童館、共稼ぎ世帯の児童が放課後を過ごす場として重要な役割を担っている学童保育でも、保育士の有資格者が活躍しています。

長時間でも飽きずにいられる遊びを考えたり、お絵かき、おもちゃ作りなど、様々な活動を提案し、子供たちの体や心の発達をサポートしていきます。

乳児院・児童養護施設など

何らかの理由で親が療育できない乳児や幼児、児童が入所する保護施設。保育所との違いは、24時間・365日の生活支援を行うことです。子供たちにとっては、施設が家となり職員が親となって成長を見守ります。

勤務時間が長くなりますし、勤務体系が特殊な場合も多いので厳しい職場と言えますが、1人1人の子供達との関わりが深く、やりがいのある職場でもあります。

ショッピングセンターなどの託児施設

女の子 イラストデパートやショッピングセンターのほか、病院や自動車学校、イベント会場などで開設されている託児施設。

大抵は時間給で勤務時間が短めとなっています。

パートタイムで働けるので負担は少なめですが、初対面のお子さんと接することが多いので、高いスキルが求められることもあります。

 

幼児教室・ベビーシッターなど

幼児の習いごと教室のほか、個人宅で子供を預かるベビーシッターなどでも、保育士の資格を活かすことができます。多くはパートタイム勤務となり、高額な時給となる職場も。

ただし、幼児教室では保育スキル以外の技術が必要とされることも多いですし、ベビーシッターの場合は、依頼主の要求に臨機応変に応えるスキルが要求されます。

 

保育園と幼稚園

保育士資格と幼稚園教諭免許の2つを取得した場合、保育園と幼稚園のどちらを就職先に選ぶべきか悩む方もいるのではないでしょうか。

ここでは、保育園と幼稚園の種類の説明から、保育士と幼稚園教諭の違いについてお伝えしたいと思います。ご自身に合う就職先はどちらか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

保育園の種類

まずは保育園の種類から確認していきましょう。

1:認可保育園

認可保育園は、施設の広さや保育士の人数、防災衛生管理、給食設備など国の基準を満たし、認可された保育園のことをいいます。

認可保育園はどの保育園よりも保育料が安いため、最も人気の高い保育園といえるでしょう。

原則として認可保育園がある市町村に住んでいる(勤めている)人が利用できる仕組みになっています。また、認可保育園だけでも以下の3つの種類に分けられます。

公立保育園

市区町村が運営する公立の保育園。公立保育園にいる保育士は公務員になるため、勤務歴が長い先生が多い。

私立保育園

NPO法人や企業、社会福祉法人などが運営する保育園。英語に力を入れるなど、独特な教育方針を持っている場合が多い。

公設民営保育園

自治体や国が所有する保育園。運営は自治体ではなく、民間が代行する。

また、認可保育園は大変人気が高いため、入園できるか否かは点数によって決まります。夫婦共に労働時間が8時間以上ある場合や、片親、子どもの人数が多いといったケースは、比較的高い点数を加点される傾向にあります。

一方、夫婦のどちらが短時間のパート勤務だった場合や、近くに祖父母がいる家庭は減点される可能性があります。

2:認証保育園

認証保育園とは、東京都内のみで運営している保育園です。

認証保育園は、認可保育園が定める土地の広さに満たしていなくても、運営することができるため、駅の中やショッピングモールの一角などを利用して運営している場合が多いです。

認証保育園は、認可保育園に比べて料金が高い点が特徴ですが、入園の手続きがしやすく、預ける時間など交渉したいことがあれば、直接認証保育園側と話し合うことができるため、認可保育園よりスムーズに進む傾向にあります。

3:認可外保育園

認可外保育園は、保育園の広さや保育士の人数など国が定めた基準を満たしていない保育園のことをいいます。

一見、認可を得ていないと聞くと不安を覚える方もいるかもしれませんが、認可保育園ではできないような対応をしてくれる点がメリットといえます。例えば、休日の預かりや夜間保育など、やむを得ずに子どもを預けなければならないお母さんたちにとっては強い味方になる保育園です。

企業内にある保育園やベビーホテルなども認可外保育園の類に入ります。

幼稚園の種類

続いて幼稚園の種類をみてみましょう。

1:公立幼稚園

自治体によって運営している幼稚園が公立幼稚園です。公立幼稚園は費用が安く、保育実勢が多い点がメリットといえますが、先生が公務員にあたるため、転勤を理由に頻繁に先生が変わってしまう場合があります。

また、国立や私立幼稚園と比較すると園児の定員が少ないため、入園できない場合も考えられます。 

2:国立幼稚園

国によって運営している幼稚園が国立幼稚園です。国立大学に付属しているため、その大学の教育方針に合った幼児教育を受けられます。

また、大学内や大学近くに設置されているケースが多いため、広い敷地内でのびのびと教育を受けられる点が魅力といえるでしょう。

国立幼稚園は費用も安く人気があるため、お受験が必要になりますが、うまくいけばそのまま小学校もエスカレーター式で進むことができます。

3:私立幼稚園

学校法人や宗教法人、財団が運営している幼稚園が私立幼稚園です。日本にある幼稚園の中で最も多いのが私立幼稚園といわれています。

幼稚園によって教育方針やカリキュラムの内容が変わってきます。また、お受験をしなければ入園することができない有名私立幼稚園もあります。

保育士と幼稚園教諭の違い

保育園と幼稚園どちらに就職しようかお悩みの方もいるでしょう。項目ごとに保育士と幼稚園教諭の違いをお伝えしていきたいと思います。

こちらでお伝えする内容を見比べながら、ご自身に合う就職先を考えてみてくださいね。

給与

  • 保育士の平均年収:約320万円
  • 幼稚園教諭の平均年収:約340万円

これは厚生労働省の発表(平成28年賃金構造基本統計調査)をもとに、明らかになった平均年収です。

就職先によって金額は変動しますが、幼稚園のほうが、給料が良い傾向にあるようです。 

預かる子どもの年齢

  • 保育園:0歳~6歳
  • 幼稚園:3歳~6歳

標準保育時間

  • 保育園:11時間
  • 幼稚園:4時間

※勤める園によって異なります。 

職場の種類

  • 保育士:保育園、民間の託児施設、ベビーシッター、乳児園、児童養護施設
  • 幼稚園教諭:幼稚園

幼稚園教諭になりたい場合は、幼稚園に就職することになりますが、保育士の場合は保育園をはじめ、託児施設やベビーシッターなど働ける場所が広がります。保育士のほうが働き口は多いといえるでしょう。

目的

  • 保育園:身の回りのお世話、日常生活の補助。保護者の代わりとして接するイメージ。(もちろん園によっては教育に力を入れていることもある)
  • 幼稚園:運動、知識、芸術といった教育を目的にしている。

休日の有無

  • 保育園:保育園によりますが土日祝日、夜間も関係なく開いている保育園もある。長期休暇は無い。
  • 幼稚園:長期休暇がある、土日祝日はお休み。(土曜保育をお願いできる場合もある)

まとめ

保育園と幼稚園の種類から、保育士と幼稚園教諭の違いをお伝えしました。上記に書いたとおり、保育士と幼稚園教諭にはそれぞれ違った魅力があるため、ご自身に合うのはどちらかしっかり考えてみてくださいね。

たくさんある働き口から、自分の条件に合う職場を見つけたい場合や、乳児と接したいと思うのであれば、保育士が向いているかもしれません。反対に休みを規則正しくとりたい、自分の時間をしっかり確保したい場合は、幼稚園教諭が向いているといえるでしょう。

どちらにせよ、勤める園によって細かい条件は変わってきますので、まずは給与や接する子供の年齢、働き口の多さなどざっくりとした部分から比較してみてはいかがでしょうか。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ