忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » 保育士の資格を取得するための知識 » 保育士資格は働きながら取得できる?  

保育士資格は働きながら取得できる?  

「保育とは無関係の大学を卒業したし…」「もう社会人になったらから…」「もう自分は年齢も年齢だし…」と、保育士になる夢を諦めかけている人はいませんか?実は、保育士試験を受けるのに年齢制限は一切なく、受験基準さえ満たしていれさえすれば誰でも受けることができるのです。

このページでは、働きながら保育士になるための方法、資格取得までの方法を調査してまとめてみました。

働く人が保育士になるまで

イラスト 画像 保育士の資格を取得するには2つの方法があります。
1つ目は厚生労働省が指定したカリキュラムが用意されている大学や短大、専門学校を卒業する方法。
2つ目は年に2回行われる国家試験に合格する方法です。

働きながら保育士資格取得を目指す場合、自然と勉強方法は「独学」「通信講座」「夜間学校」などに絞られます。これらの方法のなかでも、特に多くの人が独学を選んでしまいがちです。しかし間違った情報を正してくれる人や、質問できる人がいないため、誤った解釈で勉強し続けてしまう可能性もあるようです。

試験は年齢制限・回数制限などは一切ないため、何回でもチャレンジすることができます。1度合格した科目は3年間有効なので、長期的なスパンを想定したうえで勉強する人が主流となっているようです。

民間のスクールや通信講座、大学の講座などを受講

働きながら保育士資格を取得しようとしたときに、一番ネックになるのが「モチベーション」です。特に独学だと自分のペースで勉強はできますが、「仕事が忙しいから」「疲れているから」と後回しにしてしまいがち。そうなると資格取得がどんどん遠のいてしまい、結局「自分には無理なのかも…」と諦めてしまう人も多くいるようです。

そこで保育士資格を確実に取得したいと思っている希望者は、働きながらでも勉強できる夜間学校や通信講座で学ぶのが一般的になっています。夜間学校や通信講座のなかには忙しく働く社会人のために、授業時間や授業回数を調整してくれるところが多く、週に1~2回の通学で単位が可能なスクールもあります。

自分の生活スタイルに合う勉強法を見つけて、最速での資格取得を目指しましょう。

かかる費用の違いはあるの?

資格を取得しようとした場合、どんな方法でも勉強する費用はかかってしまいます。とはいえ、せっかくお金を出すのなら、正しい知識が身に付けられたり、サポート体制が整っていたりと安心して通えるところがいいはず。

保育現場の最新情報を取り入れながら勉強できるのは、学校や通信講座です。この2つの方法を比較すると、取得するまでにかかる費用に大きな差があることがわかります。

学習法費用学習期間
4年制大学300万~4年
短期大学200万~2年
専門学校200万~2~3年
大学の通信課程50万~2年~
通学講座20~50万半年~2年
通信講座4~8万半年~2年
独学テキスト代のみ人それぞれ

厚生労働大臣が指定した養成施設(大学や短大)は高額な費用がかかりますが、卒業と同時に資格を取得することができます。実習で現役の保育士から指導を受けたり子どもたちと直に触れ合えたりするのもメリットです。

通信講座は、講座を修了したあとに保育士試験に合格しなければ資格取得とはなりません。ですが、仕事の合間や出勤の移動時間を使って自分のペースで自分に合った学習が可能となります。人によってはわずか半年で資格を取得することもあります。費用が学校にくらべて格段に安いのも嬉しいポイントですね。

保育の現場で働きながら勉強する方法

働きながら保育士の資格を取得するといっても、やはり保育系以外の仕事をしながら勉強するのは、理解しづらいこともあって難しいと感じる人もいるはず。

でも実は、保育系の資格を所持してなくても保育に関わる仕事をする方法があるんです。ここでは、資格がなくても保育に関われる3つの働き方を紹介。これから保育士の資格を取得しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

認可外保育園(無認可保育)

保育には国が料金形態や入園手続きを定めた「認可保育園」と独自の料金形態や入園手続きを設けている「認可外保育園」の2つがあります。

認可外保育園は国からの定めがない分、ある程度の規定が緩くなっているのが特徴。ですが、法律で受け入れた園児に対しての保育士の配置人数が規定されているのは認可保育園と同じで、保育士が必要となります。

保育士不足の解消のため、資格を持っていない人でもパートとして働けるようになったのです。保育園で実際に働くことで勉強した知識を活かせますし、短時間勤務のパートのため資格取得の勉強時間も確保できます。

ですが1つ抑えておきたいポイントとして、保育現場で働いていたからと試験が免除されることはないので注意しておきましょう。

時間外保育士

時間外保育士とは、早朝保育や延長保育の時間外保育で働くパートの保育士を指します。

最近は共働きをしている保護者が増加傾向にあり、保護者の出社や退社の時間に合わせて対応してくれる保育園の需要が高まっています。保育士が不足している中で、資格所持者で回すのは難しいのが保育士業界の現状です。それでもニーズには応えたいという気持ちから、保育士の資格を持っていない人でも働ける時間外保育士ができました。

勤務時間の短いパートでの契約なため勉強時間はもちろん、プライベートの時間も作れます。さらに、実際に保育士資格を所持している保育士とも一緒に働けるため、近くで実技を見れるのも嬉しいポイント。

時間外保育士も認可外保育園と一緒で保育現場で働き経験を積んでいたとしても、試験が免除されるわけではないので注意しておきましょう。

児童福祉施設

児童福祉施設とは、保育所に加えて助産施設や母子生活支援施設、乳児園といった国または都道府県が設置している児童福祉に関する事業を行う施設をいいます。

そんな児童福祉施設で働くために必要な資格はありません。誰でも働くことが可能です。

さらに、試験の受験には高校卒業が要件となっていますが、児童福祉施設で5年以上7,200時間以上の実務経験を積むと、保育資格の受験資格を獲得できるのも特徴の1つ。

試験が免除されるわけではないのですが、実際の現場に携わりながら受験資格がもらえるため、本気で保育士を目指す人には特におすすめの働き口です。

働きながら勉強をする際のポイント

イラスト 画像 社会人が働きながら資格試験の勉強を進める場合、朝から夜まで一日のどこかで勉強時間を取り、予習だけでなく復習にも十分な時間を確保しておかなければなりません。

仕事だけでなくご家庭をお持ちの方は、家事や育児などの合間に勉強をすることになりますので、変則的な時間の使い方にも慣れていく必要があります。

パート勤務などで比較的時間に余裕がある場合には、自宅で学ぶ通信講座よりもスクールに通った方が実技の面で有利に働きます。さらに専門的な学識を深めるならば大学の講座もおすすめです。

いずれにしても、仕事や家庭との両立が課題となりますので、スケジューリングに関しては手を抜かずに、余裕をもって学べるよう時間調整を行うようにしましょう。

このようにして勉強をしながら、各都道府県が主催する「保育士国家試験」に臨みます。合格すれば保育士の資格が取得でき、晴れて保育士としてデビューすることができます。

試験は年に1回の開催となっており、春に受験申請をしてから夏に筆記試験、さらに秋ごろに実技試験が待っていますので、段階的に受験を進めていくことになります。

実践で使えるノウハウを学ぼう

合格してからは保育士として本格的な仕事に入ることになります。試験に合格するための勉強はもちろんですが、試験勉強の際にはただ暗記するだけではなく、保育士になってからも使えるノウハウをしっかりと習得しておきたいところです。

保育士に憧れを持ち、働きながら保育士試験の勉強に臨んでいる社会人は少なくありません。スクール選びからスケジューリング、実際の勉強に至るまで、自分に合った学び方を求めてみてはいかがでしょうか。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ