忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

受験資格と試験の概要

保育士の資格を得るためには、どのような過程を経なければならないのでしょうか。

資格取得には、大きく分けて2種類あります。ひとつは、養成校へ入学して卒業する方法。もうひとつは、保育士試験を受けて合格する方法です。

それでは、それぞれの方法の詳細について解説しましょう。 

資格取得法・その1 無試験で保育士資格を得る方法

保育士 イラスト 画像保育士の資格を得るための第一の手段として、厚生労働省から指定されている大学や短大、専門学校などの保育士養成課程を修了・卒業する方法があります。

高校を卒業後、4年制大学の教育学部などにある保育士養成課程の単位を取得するか、短大、専門学校などの養成課程を修了することで、自動的に資格を取得することができます。

無試験で資格が得られるメリットはありますが、4年制大学は昼間部で4年、短大や専門学校では昼間部2年、夜間部で3年の修業期間が必要です。

学費の面でも修業年数でも、それなりの負担を覚悟しなければなりません。

ちなみに、専門学校など保育士の養成校での教育課程は、福祉や保育原理、発達心理学、教育心理学などの座学のほか、保育園や児童福祉施設で20日間以上の保育実習も行われます。 

資格取得法・その2 保育士試験を受験して取得する方法

保育士養成課程を卒業する以外の手段で保育士資格を得たいと思った場合には、資格試験を受験して合格することで取得する方法があります。

保育士の資格取得試験には、以下のような受験資格がありますから、受験を希望される方は自分が当てはまっているかどうか、きちんとチェックしておきましょう。

<保育士試験・受験資格>

  • 大学に2年以上在学して、62単位以上取得した者。高等専門学校を卒業した者。
  • 大学に1年以上在学中で、年度中に62単位以上取得見込の者。
  • 高等専門学校、短期大学の最終学年に在学中で、卒業見込みの者。
  • 専門学校を卒業した者、また年度中に卒業見込みの者。
  • 高等学校、または中学校を卒業後、保育所や児童保護施設などに2年以上勤務している者。

上記以外にも細かな規定がいくつかありますが、大まかに解説すると…

  • 4年生大学・短大・専門学校卒業者は、それだけで保育士試験を受験できる。
  • 高等学校・中学校の卒業者の場合は、保育士試験を受験するために保育施設で2年以上の実務経験が必要。

保育士養成課程以外の学校を卒業した場合は、いずれにせよ、保育士資格試験を突破しなければ資格は得られません。そこで、保育士資格試験の概要を解説しましょう。

保育士試験の概要

保育士試験は、毎年1回だけ各都道府県で行われています。例年、8月上旬に筆記試験、10月中旬に実技試験が行われます。

受験を予定している方は、まず各都道府県のサイトや県庁の福祉部の窓口から、試験の実施要項を入手し、受験申請書や資格証明書、写真などを準備して保育士試験の事務センターに郵送しましょう。後日、受験票など必要な書類が届きます。

<試験内容>

  • 筆記試験…社団法人 全国保育士養成協議会が作成した問題が出題されます。試験は平成25年から改正され8科目が行われるようになりました。例年8月上旬の2日間に渡って実施され、解答はマークシート式です。
    1日目:保育原理、教育原理、社会的養護、児童家庭福祉、社会福祉
    2日目:保育の心理学、子供の保健、子供の食と栄養、保育実習理論
  • 実技試験…例年10月上旬に実施されます。「音楽表現に関する技術」、「造形表現に関する技術」、「言語表現に関する技術」の中から2分野を選択し、事前に発表されている課題に対して実技を行います。
  • 受験料:12,900円(受験手数料12,700円+受験の手引き郵送料200円)
保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ