忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

受験資格と試験の概要

保育士の資格を得るためには、どのような過程を経なければならないのでしょうか。

資格取得には、大きく分けて2種類あります。ひとつは、養成校へ入学して卒業する方法。もうひとつは、保育士試験を受けて合格する方法です。

それでは、それぞれの方法の詳細について解説しましょう。

資格取得法・その1 養成校を卒業して資格を得る方法

保育士 イラスト 画像

保育士の資格を得るための第一の手段として、厚生労働省から指定されている大学や短大、専門学校などの保育士養成課程を修了・卒業する方法があります。

高校を卒業後、4年制大学の教育学部などにある保育士養成課程の単位を取得するか、短大、専門学校などの養成課程を修了することで、自動的に資格を取得することができます。

無試験で資格が得られるメリットはありますが、4年制大学は昼間部で4年、短大や専門学校では昼間部2年、夜間部で3年の修業期間が必要です。

学費の面でも修業年数でも、それなりの負担を覚悟しなければなりません。

ちなみに、専門学校など保育士の養成校での教育課程は、福祉や保育原理、発達心理学、教育心理学などの座学のほか、保育園や児童福祉施設で20日間以上の保育実習も行われます。

資格取得法・その2 保育士試験を受験して取得する方法

保育士の資格を得るための第二の手段が、資格試験を受験して合格する方法です。

保育士試験の受験資格

保育士の資格試験は、受験するためにいくつかの条件があります。学歴別に受験資格をまとめてみましたので、受験を希望する方は是非チェックしておきましょう。

大卒の方 無条件に受験できます。
大学に在学してる方 以下の2つの条件を満たした方
(1)2年以上在学
(2)62単位以上習得済み、もしくは習得が見込める
大学を中退した方 以下の2つの条件を満たした方
(1)2年以上在学
(2)62単位以上習得済み
短期大学の
卒業生・在学生の方
無条件に受験できます。
専門学校の
卒業生・在学生の方
以下の2つの条件を満たした方
(1)専修学校
(2)修業年限2年以上の専門課程
高卒の方 以下のいずれかの条件に当てはまる方
(1)平成3年3月31日以前の卒業生
(2)保育科を平成8年3月31日以前に卒業
上記2つに当てはまらない高卒の方は、以下の2つの条件を満たすことが必要です。
児童福祉施設で
(1)2年以上
(2)2,880時間以上
実務経験を積む
中卒の方 児童福祉施設で
(1)5年以上
(2)7,200時間以上
実務経験を積む

参照元:一般社団法人全国保育士養成協議会公式HP

保育士養成課程以外の学校を卒業した場合は、いずれにせよ、保育士資格試験を突破しなければ資格は得られません。そこで、保育士資格試験の概要を解説しましょう。

保育士試験の概要

これまで保育士試験は年に1回だけでしたが、2016年からは年2回の実施に変更になりました。おおまかな試験日程は以下のとおりです。

受験を予定している方は、まず各都道府県のサイトや自治体の窓口から、試験の実施要項を入手し、受験申請書や資格証明書、写真などを準備して保育士試験の事務センターに郵送しましょう。後日、受験票など必要な書類が届きます。

試験までの流れ

前期の日程後期の日程
  1. 受験申請書提出
    2月上旬まで
  2. 受験票の到着
    本試験の1週間前までに到着
  3. 筆記
    4月の中旬以降に2日間
  4. 筆記試験結果通知書&実技試験受験票
    6月中旬までに到着
  5. 実技
    7月の上旬に実施
  6. 実技試験結果通知
    8月中旬までに到着
  1. 受験申請書提出
    7月下旬まで
  2. 受験票の到着
    本試験の1週間前までに到着
  3. 筆記
    10月の中旬以降に2日間
  4. 筆記試験結果通知書&実技試験受験票
    11月中旬までに到着
  5. 実技
    12月の上旬に実施
  6. 実技試験結果通知
    1月中旬までに到着

受験申請に必要なもの

  • 受験申請書
  • 受験資格を証明する書類(学校の卒業証明書など)
  • 証明写真
  • 受験手数料(12,950円:受験手数料12,700円+受験の手引き郵送料250円)

受験申請書や受験料の払い込みなどは、請求した「受験申請の手引き」に同封されています。
詳しくは一般社団法人全国保育士養成協議会のHPでご確認ください。

試験内容

保育士試験は、筆記試験と実技試験の2つの試験があります。実技試験は、筆記試験のすべてに合格してからの受験となります。

筆記試験について

筆記試験の試験科目は以下の8科目です。

  • 保育原理
  • 教育原理及び社会的養護
  • 児童家庭福祉
  • 社会福祉
  • 保育の心理学
  • 子どもの保健
  • 子どもの食と栄養
  • 保育実習理論

テストはマークシート式で、合格基準は100点満点のうち、60点以上となります。

学科試験の内容をさらに詳しく見る>>>

実技試験

実技試験の科目は以下の3科目です。

  • 音楽表現に関する技術 課題に対する器楽・声楽等
  • 造形表現に関する技術 課題に対する絵画・制作等
  • 言語表現に関する技術 課題に対する言葉に関する遊びや表現等

合格基準は50点満点のうち、30点以上となります。

実技試験の内容をさらに詳しく見る>>>

筆記試験の受験時に、実技の受験科目を記入する必要があるので、あらかじめどの科目を受けるか考えておきましょう。

合格科目は3年間有効となります。つまり、前期の筆記で全科目に合格できなくても、合格した科目は後期では免除となるのです。注意しなければいけないのは、「実技試験は筆記試験の全科目が合格しなければ受験できない」ということです。

実技試験を受験できるのは、筆記試験全科目合格の有効期限内に限られます。具体例を挙げますので、参考にしてみてくださいね。

  • 平成29年、1年間で筆記試験全科目合格した場合
    ⇒「平成29、30、31年に受験可能」
  • 平成29年・30年の2年間で筆記試験全科目合格した場合
    ⇒「平成30年・31年に受験可能」
  • 平成29年・30年・31年の3年間で筆記試験全科目合格した場合
    ⇒「平成31年に受験可能」

最後の例では、平成32年には平成29年の合格分は無効になります。

保育士試験の日程

直近の保育士試験の日程をお知らせします。

集合時間等については、実技試験受験票にて確認してください。
試験会場については、一般社団法人全国保育士養成協議会のHPでご確認ください。

2017年度後期試験

学科

試験日順番開始時間科目制限時間
10月21日(土)1保育の心理学10:3060分
2保育原理12:0060分
3児童家庭福祉14:0060分
4社会福祉15:3060分
10月22日(日)5教育原理10:0030分
6社会的養護11:0030分
7子どもの保健12:0060分
8子どもの食と栄養14:0060分
9保育実習理論15:3060分

実技

試験日科目
12月10日(日)音楽表現に関する技術・造形表現に関する技術・言語表現に関する技術
(いずれか2つの分野を選択)
保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ