忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » 保育士の資格を取得するための知識 » 社会人・主婦から保育士にジョブチェンジ!

社会人・主婦から保育士にジョブチェンジ!

保育士

保育士になりたいと思っているけど「年齢的に大丈夫なのかな?」と不安を抱えてしまっている人はいませんか?実は保育士資格を取得するのに年齢制限は一切ありません。

また、「仕事に就いているから、資格取得を目指して保育系の学校に通うのは体力的に大変そうだ」と感じている方もいると思います。実は働きながらでも自分のペースで勉強して保育資格を取得できます。

ここでは、働きながらでも保育士を目指す方法を紹介しています。夢を追いかけるのに年齢も体力も関係ありませんよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

まだ遅くない!社会人が保育士になるには

社会人や主婦として忙しい日々を過ごしている人でも、保育士を目指すのにためらう必要はありません。ここでは、保育士を目指す方法をご紹介していきます。

保育士資格取得の条件は?

保育士の資格を取得するための方法は2つあります。1つ目は厚生労働省から指定されている大学や短大、専門学校の保育士養成課程を卒業する方法。2つ目は年に2回行われる保育士資格試験に合格する方法です。

大学や短大に入学

大学には夜間の学部もありますが、ほとんどが昼間に通学して授業を受ける全日制です。

大学に通って保育士資格を取得する最大のメリットは、「試験を受けなくても保育士資格が取れる」「ほかの資格も同時に取得できる」ことがあげられます。

大学のなかでも、児童教育学科・児童福祉学科といった学科を選んでおくと、保育士の資格だけでなく幼稚園教諭や小学校教諭など、将来に活かせる様々な資格を取ることが可能。また、その資格を取得するまでの勉強や実技はスキルとして確実に役に立ちます。

ですが4年間もの長期間、朝から夕方まで通学して学校に拘束されると考えると、仕事をしながら大学に在籍するのは、なかなか難しい選択肢となってしまうでしょう。学費面においては、入学金はもちろんですがテキスト代や大学まで移動する交通費など、様々なところで費用が発生してしまいます。

自分のいま置かれた環境・状態を把握したうえで、通学できるのか、4年間の学費を払い続けられるのかを考えてみることが重要です。

働きながらの保育士資格の取得を考えている人や、日々家事に追われている主婦にとっては、通信講座を利用して試験対策をした方が無難だといえます。

社会人・主婦が保育士試験に合格するには

保育士として働きたい場合、保育士資格が必須となります。そんな保育士資格試験は筆記試験8科目、実技2科目の計9科目の試験を受けなればなりません。全ての科目で6割以上の点数を取る必要があり、合格率は毎年2割程度。中途半端な勉強法では取得できない資格だと分かります。

しかし、実際のところ試験を突破して保育士資格を持っている人は少なくありません。とくに30~40代の保育士の30%以上は資格試験をクリアしてきた人達です。どのような勉強をすれば試験を突破できるのでしょうか?

働きながらスキマ時間に勉強して資格を取得しようとしている人は、自然と「独学」でやるか、「通信講座」を利用することになるでしょう。価格面は大学や短大と比較すると安く抑えられ、多くの人が挑戦している方法です。

試験を突破できるかどうかは自分のモチベーションや勉強量が関係してきます。自分に合った勉強法さえ見つければ独学でも通信講座でも充分に合格は可能です。忙しい社会人生活・主婦生活のなかで難関である保育士試験を突破するには、独学か通信講座での勉強以外ないといえます。

社会人や主婦が保育士になる道筋

保育士資格を取得するには、厚生労働省が認めている保育士養成課程が設置されている大学・短大・専門学校を卒業する方法と年に2回行われる保育士試験に合格する方法の2通りの方法があります。

働きながらあるいは専業主婦をしながら保育士を目指す場合、保育士試験を受験して資格を取る方法がポピュラーです。しかし、社会人や主婦はやるべきことが多く、勉強のための費用もそうたくさんは出せないでしょう。

保育試験の合格率は全体の2割程度です。中途半端な勉強方法では決して合格できません。試験自体には年齢制限がないため、何度でも挑戦ができますが、なるべく早めに合格しておきたいもの。

そこでおすすめしたいのが時間に拘束されない通信講座です。費用面も学校に通うより安く済むので「お金がなくて保育士への一歩が踏み出せなかった」という人にピッタリ。さらに、テキスト内容も試験に適したものばかりで対策もバッチリです。

方法としては独学という手もありますが、質問に答えてくれる人もいません。そうなると、誤った知識を身に付けてしまう可能性があるため、できるだけ疑問を解決してくれる、サポート付きの通信講座を選択するようにしましょう。

保育士資格の勉強にはいくらかかるの?

費用

社会人や主婦にとって費用面はとくに重要なポイント。資格を保育士養成課程がある学校でとろうとした場合、1年で100万円以上かかってしまいますが、独学で勉強するなら費用はテキスト代と試験代だけで済みます。通信講座でも、それにわずかな講座費用が加わるくらいです。

独学や通信講座では費用面での負担が軽いため、今の生活スタイルをほとんど変えずに、資格取得が目指すことが可能。

年数 受験回数 独学 通信講座
1年目 合格 27,000円 75,000円
2回目で合格 40,000円 88,000円
2年目 3回目で合格 63,000円 111,000円
4回目で合格 76,000円 124,000円
3年目 5回目で合格 99,000円 147,000円
6回目で合格 112,000円 160,000円

保育士試験は平成28年から1年に2回受けられるようになりました。1度合格した科目は3年間有効です。

表を見てみると、独学と通信講座では独学の方が安く設定されています。独学は自分が学習できそうなテキストを購入して勉強するだけなので、通信講座以外の勉強法と比べても断然安く費用を済みます。しかし、いくらテキスト代を安く抑えても試験の回数を重ねてしまうと、最終的な費用はかなり高額に。表で例を挙げている通り、独学で勉強して4回以上の受験になってしまうと、通信講座を使って一発合格するよりも高くなってしまうのです。

少しでも安く資格取得をしたいと考えている人は、受講料の安さだけで勉強方法を選ぶのではなく、少ない試験回数で合格できる方法を探しましょう。通信講座を利用して保育士を目指すのなら

  • 講座内容や教材が信頼できるのか
  • 実技講座の対応
  • サポート体制が整っているか

など様々な角度から比較・検討をして、自分の予算に合う勉強ものを選ぶとベストです。

学習手段の選び方

勉強方法

働きながら、あるいは日頃の家事をしながらの資格取得を目指す場合、費用の次に気になるのは勉強の手段ではないでしょうか。

普段仕事や家事、育児をしながら資格取得を目指すのなら、自分に合った学習手段でコツコツ勉強していくことが大切です。

勉強に集中できる学生とは異なり、社会人や主婦は日々の仕事や雑事に負われ、まとまった勉強時間を確保することは困難です。

そのため、いかに短時間で効率よく勉強するかが資格取得成功のカギとなります。

資格取得のための学習手段はいくつかありますが、ここでは忙しい毎日を送る社会人や主婦の方におすすめの勉強法をチェックしてみましょう。

独学

こちらは言わずもがな、誰の力も借りずに自力で勉強する方法です。

必要な費用は学習参考書や問題集の購入代だけなので、最もお金がかからない学習手段と言えます。

また時間や場所を拘束されることもないので、一見すると忙しい社会人向けの学習方法のように思えますが、実は独学は最も難しい方法。

わからないところがあっても自力で何とかしなければなりませんし、自分一人で勉強しているとどうしてもモチベーションを維持するのが大変になります。

また、試験日までの学習計画やカリキュラムの作成などもすべて自分で行わなければならないため、勉強以外のことにも時間を取られてしまいがちです。

最も経済的な方法ではありますが、そのぶん時間や手間がかかることを考えると決してコストパフォーマンスはよくありません。

時間や手間がかかってもいいからマイペースに、かつお金をかけずに学習したいという人以外にはおすすめできない学習手段と言えるでしょう。

通信制の学校(大学・専門)

通信制の大学や専門学校の中には、社会人や主婦向けのコースを設けているところもあります。

もともと通信制の学校は登校日数が少なくて済む点が特徴ですが、社会人コースはさらに登校日数が少なく設定されているところがポイント。

仕事の休みに合わせて土日に授業を開講しているところもありますし、スクールによっては年に1回、3~4泊くらいのスクーリングでOKとしていることも。

もちろん通常の従業はパソコンやスマホなどを使っていつでも受講することが可能です。レポートの提出も自分のペースに合わせて提出できるので、時間のない社会人でも無理なく学習できる環境が整っていると言えるでしょう。

ただ一方で、自分で単位の計算をしなければなりませんし、たとえ週1でも学校に通わなければいけないので、時間の自由度はそれほど高くありません。

特に出勤する曜日や時間がバラバラの人は通学時間を確保するのが難しいため、通信制の学校を選んでもスムーズに卒業できるかどうかは不確定と言えます。

また、通信制の大学や専門学校が身近にある人はいいですが、周辺にない場合は遠距離通学しなければならないという問題もあります。

週に1回といえど、学校までの距離が長いと通うのが段々苦になってくるかもしれません。そのため、ある程度出勤の曜日や時間帯が決まっていて、なおかつ近場に学校がある人向けの学習手段と言えるでしょう。

通信講座

テキストやeラーニングなどを利用して自宅学習する方法です。

場所を問わず一人で学習するという点は独学と共通していますが、通信講座には以下のようなメリットがあります。

eラーニングで自宅にいながらわかりやすく学べる

かつて通信講座と言えばテキスト学習が主流でしたが、現在はネットワークの普及にともない、通信サービスを利用したeラーニングが主流になってきています。

eラーニングとはパソコンやスマホなどの端末を使用し、マルチメディア形態の教材を利用して学習する最新式の学習スタイルのこと。

静止画や動画の映像、音声、文章などを組み合わせた教材は文字や静止がのみのテキストよりもわかりやすく、自宅にいながらまるで教室で授業を受けているような感覚で学習できます。

eラーニングは、通信環境さえ整っていれば基本的に場所や時間を問わずどこでも利用OK。

自宅はもちろん、通勤電車の中でスマホを使って講座を視聴するなど、すき間時間を上手に使って勉強できます。社会人や主婦などまとまった時間を確保するのが難しい人にとってうってつけの学習方法ですね。

カリキュラムを組んでもらえる

通信講座の場合、それぞれのサービスごとに独自のカリキュラムが組まれており、利用者はそれに沿って学習を進めていけばOK。

いちいち自分でカリキュラムを組んだりしなくて済むので、手間も時間もかかりません。

カリキュラムもプロが作成しているので、自宅にいても効率よく学習できます

わからないことも気軽に質問できる

通信講座は基本的に自分一人で学習するスタイルですが、もしわからないことや疑問な点が出てきた場合、電話やメール、チャットなどで質問できます。

メールの場合、レスポンスに少し時間はかかりますが、電話やチャットならすぐさま返答が来るので学習で行き詰まる心配はなし。

たとえ自宅学習でも、プロによる手厚いサポートを受けられるところが通信講座ならではの魅力です。

サポートがありモチベーションが維持しやすい

独学の場合、周囲に協力者がいないとたった一人で孤独に勉強しなければならず、モチベーションの維持が難しくなります。

通信講座も自分一人で学習するという点は変わりませんが、サービスの運営元が必要に応じてサポートしてくれるため、独学に比べるとモチベーションを維持しやすい仕組みになっています。

テキストの質が高い

通信講座で提供されるテキストは、通信講座を提供する業者が長年培った経験やノウハウに基づいて作成しています。

そのため、市販の参考書や問題集に比べると全体的に質が高く、独学よりも学習効率がいいと評判です。

また、市販のテキストは一冊が分厚く、見るだけでやる気をそがれることが多いもの。一方、通信講座のテキストは一冊あたりのページ数が少なく、とっつきやすいように作られています。

このあたりも受験生の心理状態をよく把握している業者ならではの工夫と言えるでしょう。

費用対効果を考えると通信講座が一番おすすめ

通信講座

一日の大半を勉強に費やせる学生さんであれば、資格取得専門の大学や専門学校に通学するのが最も手っ取り早い方法と言えます。しかし、勉強時間を確保することが困難な社会人や主婦なら、通信講座を利用して学習する方法が一番おすすめ。

学校のように通学する時間や場所に制限がありませんし、独学に比べるとサポートも手厚く、モチベーションを維持しやすいところも魅力です。

独学よりコストは高めですが、効率よく学習できるぶん費用対効果は高く、コストパフォーマンスは良好。

もちろん通学より費用は安いので、家計に負担をかけずに資格取得を目指す人にぴったりです。

機能性の高いeラーニングを取り入れており、サポート体制も手厚い通信講座を選んで効率的に学習していきましょう。

年代別!保育士資格取得のメリット・デメリット

保育士資格の取得を目指している方は、なるべく早めに取得した方が良いのでしょうか?こちらでは、資格取得を目指している方のために、取得年代別にメリットとデメリットをご紹介します。これらを参考に、ご自身が資格を取得するべき年齢を導き出してください。

20代で取得した場合のメリットとデメリット

メリット

20代で保育士資格を取得することは、他の年代で取得することに比べてたくさんのメリットがあります。特に、保育士の求人では20代が採用されやすいので、資格さえ取得してしまえば、就職先を見つけることは比較的容易でしょう。

・体力があり就職の間口が広い
保育園では20代の保育士が非常に採用されやすい傾向にあります。その理由は、若くて健康な保育士は体力があり、保育士という過酷な労働にも耐えられるからです。さらに、明るくて子供に好かれやすい方であれば、すぐに就職先が見つかる可能性も高いでしょう。

・公立の保育園に就職しやすい
また、公立の保育園に就職しやすいのも20代です。公立保育園では年齢制限が厳しめに設定されており、「20代まで」となっているケースも多いもの。年齢を気にせず、多くの公立保育園を就職先の選択肢とできるのは、20代で保育士資格を取得した方の強みです。

・保育士としてのキャリアを積める
そして、20代であれば、実際に保育士として就職した際にも十分なキャリアを積めます。これから、結婚や出産などで保育園を辞めることがあったとしても、20代の間にキャリアを積んでおけば、子育て後に好条件での再就職や復職がし易くなります。

・学習をするための時間がある
20代で保育士資格取得を考えている方の中には、子供や家庭を持っていない人も多いでしょう。そのような環境にあれば、保育士資格取得のために多くの時間を割けると思います。そのため、保育士資格取得を目指すのであれば、結婚をする前の方が有利になることは間違いありません。

デメリット

20代で保育士資格を取得するデメリットはほとんどありませんが、強いて挙げれば、年齢による経験の少なさと経済的な問題です。

・子育てに関して知識が乏しい
20代で子育てを終えたという方は少ないと思われるので、自身の子育ての経験を仕事に活かすことはできません。この点は、子育て経験が豊富な年代に比べると、ハンデとなるケースも考えられます

・通学での取得は経済的に難しいことも
そして、20代という若い年代では、経済的に通学で保育士資格取得を目指すことが困難であることもあるでしょう。ただし、もちろん経済状況には個人差があるでしょうし、経済的に余裕がない場合は、通信教育などの負担の少ない学習方法を活用すれば問題ありません。

30代で取得した場合のメリットとデメリット

メリット

30代保育士

30代の保育士は20代とは異なった魅力があるので、まだまだメリットの多い年代でもあります。

・年齢的に保育士としての体力がある
20代よりは体力は衰えるでしょうが、30代はまだ保育士としての体力がある年代です。子供を抱っこする、一緒に走って遊ぶ、などの仕事もこなせる年代なので、実際に保育士として就職した際にも、仕事が体力的につらいと言うことはないでしょう。

・子育ての経験を活かせる
早めに出産をした方であれば、30代でも子育て経験を持っている方はいるはずです。保育士としての知識だけでなく、実践で培った経験を活かせるというのは、若い人にはない30代保育士の魅力となります。

・保護者と良い関係性が築ける
保育園を利用する保護者の中には、30代の方も多いと考えられます。同年代の保育士であれば、保護者も話しやすく、良い関係性が築ける可能性も高いでしょう。20代と比較して人生経験が豊富な30代ですから、「コミュニケーション」という点から有利になる可能性があります。

・学習をするための経済的余力ができる
一般的に、30代は20代よりも経済的な余力ができてくる年代です。そのため、通学や通信教育、専門学校など、保育士資格取得の学習をするための選択肢が幅広くなります。

デメリット

30代で保育士資格を取得すると、主に「就職」という点でデメリットを感じる可能性があります。

・公立保育園への就職が困難になる
20代のところでもご紹介したように、公立保育園の年齢制限は「20代まで」となっているところも多いようです。もし、絶対に公立保育園に就職したいと考えているならば、30代で保育士資格を取得した場合、「就職先がない」ということにもなりかねません。

・就職の間口が狭くなる
30代で公立保育園にこだわらなければ、もちろん就職できる保育園はたくさん見つかるでしょう。ですが、保育士は35歳を超えると就職が厳しくなると言われるので、条件の良い保育園に就職することは簡単ではなくなります。ただし、正社員ではなく、パートタイマーとしてなら需要も高いとされています。

・学習をする時間が取れないことも
30代で家庭を持ち、小さな子供がいる方であれば、保育士資格を取得するための学習時間が取れないという可能性もあるでしょう。まだ結婚をされていない方でも、仕事で要職に就いていれば、仕事が忙しくて学習できないというケースも考えられます。

40代で取得した場合のメリットとデメリット

メリット

長年保育士をしている40代の方であれば、責任のある職に就いていることも多いものです。40代で保育士資格を取得した場合、他の年代と比較してメリットが少なくなってきます。

・学習をするための経済的余力がある
40代は経済的に潤っている方が多い年代なので、資格取得のための経済環境は整っていると言えるでしょう。通学、通信教育などの学習方法の中から、ご自身に適したものを選択できる点は大きなメリットです。

・学習をするための時間的余裕がある
さらに、ある程度の年齢になった子供がいるのも40代の特徴でしょう。早めに出産をされた方なら、もう子供が成人しているというケースも少なくありません。30代で出産された方でも、子供はもう手のかからない年齢になっているでしょうから、自分のための時間を持つことができます。

・子育ての経験を活かせる
40代では、20代はもちろんのこと、30代よりも長く子育てを経験している方も多いと思います。保育士としての経験が乏しくても、実生活での経験が豊富になるので、若い保育士とは違った視点で、保育士としてアプローチができる可能性があります。

デメリット

40代で保育士資格を取得することの最大のデメリットは、やはり就職に関することと、体力的な問題です。

・就職をすることが困難
一般的に35歳を過ぎると難しくなると言われる保育士の就職。40代で未経験の保育士を採用する保育園は、かなり限られてくるでしょう。せっかく資格を取得しても、それを活かせる場が見つからないケースも。ただし、現在の保育園は人手不足のところも多いため、40代でも就職できる可能性は残されています。

・他の年代と比較して体力がなくなる
無事に保育士として就職できたとしても、40代では体力が衰えてくるため、過酷な保育士の仕事をこなすことはとても大変です。20代で保育士デビューした方と同じ土俵に立った時、体力の点で同等となれる可能性は低いと思われます。

・保育士としてのキャリアを積めない
40代で保育士資格を取得したとしても、キャリアを積むには少々遅い年代です。ただし、「キャリアよりも保育士として働くことを重視している」という方なら、デメリットにはならない点でしょう。

おすすめは通信講座

「子どもと関わるのが好きだから保育士を目指したい」という人の中には、学生だけではなく、現在社会人として働く人や専業主婦も多くいるはず。

学校に通う学生の場合はともかく、働きながら、あるいは専業主婦をしながらの資格取得となると、勉強時間も自然と限られてしまいます。そういった人におすすめの勉強方法は、「通信講座」です。自分が思い立った時にすぐに勉強がスタートできる手軽さや、分量を絞ったコンパクトな講座のため忙しくても続けやすい工夫がされている点は通信講座ならではのメリット。

また、通信講座なら最新の情報が掲載されているテキストが届くので安心して学べます。本屋で古いテキストに買い間違える心配もありません。

添削や採点サポートが付いている通信講座だと、eラーニングのようにスマホと向き合って、孤独感を覚えながら問題を解く勉強法と違い、一緒に頑張っている感覚が生まれ、モチベーションの維持もし易いでしょう。

通信講座で勉強を始めて、知識を身に付けて保育士試験で全科目合格して、保育士になる夢を叶えましょう!

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ