忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » 人気の高い保育士の通信講座ガイド » 保育士資格のおすすめ通信講座比較ランキング

保育士資格のおすすめ通信講座比較ランキング

保育士資格の試験対策に定評がある通信講座をピックアップ。受講費用で徹底比較しました。講座内容と共にサポートの充実度やフォロー体制も記載しましたので参考にしてください。

保育士資格の通信講座の徹底比較ランキング

掲載されている情報は2016年5月現在のものです。通信講座にかんする最新情報は、公式サイトでご確認ください。

ヒューマンアカデミー『保育士【完全合格】講座』

  • ヒューマンアカデミー教材画像受講費用:46,000円
  • 教材:受講ガイド、保育士合格テキスト上・下巻、保育士過去問題集、学習資料集、保育所保育指針解説書、講義レジメ10冊、講義DVD10巻、音声CD9巻、ももたろう(実技テスト用の課題)、添削問題集1冊、合格サポートDVD1巻、保育所保育指針読み上げCD1巻
  • 標準学習期間:6ヶ月
公式サイト
講座・サポートの充実度
DVD・CD教材 添削回数(学科) 添削回数(実技) 試験対策 サポート期間
DVD・CD合わせて21巻 9回 無制限 無料の試験対策セミナーあり 3年間
講座の内容 60%合格を目指して、手と目と耳で覚えられるように工夫された講座が特徴。
効率よく学べるテキストと過去問題集の他、学習の進め方やスケジュールについて教えてくれる合格サポートDVD、科目ごとのポイントを解説する講義DVD&CD、暗記用の保育所保育指針読み上げCDなど初心者でも不安を感じずにスタートできる工夫がいっぱい。
特にCDを使って耳から記憶する、聞き流しの学習方法は、いつでもどこでも学習できると忙しい方に人気です。
フォロー体制 演奏や絵画、読み聞かせの添削は無制限で、実技試験対策もバッチリ。
全5回の無料の試験対策セミナーがあり、講師に直接質問をするなど、試験に合格するためのポイントを押さえられるのが嬉しいですね。
1年目の試験で全学科不合格だった場合には、受講料を全額返金する合格保証制度もあり。
また、受講開始から3年目の試験まで、学習サポートを延長して対応しているのは、今回調べた中でヒューマンアカデミーだけでした。
【合格者からの口コミ評判】
  • ヒューマンアカデミーの教材は、ひとつひとつの科目の講義レジメが厳選されているため、勉強の進み具合が速く感じられます。『もしかしたら今年合格できるかも!』と意欲的に学習を進めることができました。特に「過去の問題傾向から」という部分が試験の直前に役立ちました。(20代・主婦)
  • 私は耳で覚える派なので、教材にCDが付いていたことが決め手でした。通勤中や家事をしながら、睡眠中など、あらゆるときに聞き流していたので、基礎的なことは音で記憶に残っています。(30代・保育士)
  • ヒューマンの教材はおさえるポイントがしっかりまとまっています。各科目のテキストで大まかな内容や単語の意味を再確認し、問題をひたすら解くことであやふやな部分を無くすようにしました。実技対策のDVDも大変重宝しています。(40代・パート)

ニチイ『保育士受験対策講座』

  • ニチイ教材画像受講費用:50,920円
  • 教材:合格攻略ポイントブック、学習資料集、問題演習ゼミ、新保育士養成講座(教本)1~9巻など
  • 標準学習期間:6ヶ月
公式サイト
講座・サポートの充実度
DVD・CD教材 添削回数(学科) 添削回数(実技) 試験対策 サポート期間
なし 2回 なし 修了試験・統一模試を実施 1年間
講座の内容 教本と合格攻略ブックでインプットし、インターネットを使った「Webカレッジ」で問題演習と過去問演習を行う学習方法。
細かい自己分析や、試験を見据えた演習が、いつでも手軽に行えます。
DVDなどは付属しないため、テキストをコツコツ勉強するのが得意な人にオススメ。
フォロー体制 修了試験と試験を前提とした全国統一模試を1回ずつ実施、それぞれ添削付きで、自分の弱い部分をしっかりと認識することができます。
学習終了までは、FAXや郵送、メールで何回でも質問可能です。
また、教本が付かない3万円台の激安価格のコースの用意もあり。
【合格者からの口コミ評判】
  • 以前、独学で保育士の資格を取得しようと勉強しましたが挫折しました。学科はどこから手を付けたら良いのか分からなくて…。教本は独学の時に購入していたので、ニチイの講座の教本が付いていないコースを受講しました。3万円ちょっと、という激安の受講料でしたし、ウェブを使った問題演習ができるという新しいシステムで、楽しく勉強できてよかったです。(30代・主婦)
  • 初めはひたすらテキストを読んだりするだけで、添削問題がないことに戸惑いました。でもウェブカレッジの問題演習は、パソコンで自分がどこまで勉強したかがひと目でわかるし、実力分析ができて便利でいいなと実感。結構役に立ちました。(20代・主婦)

ユーキャン『保育士講座』

  • ユーキャン教材画像受講費用:59,000円
  • 教材:メインテキスト9冊、学習資料集、実践問題集、保育所保育指針、実技試験対策DVD3巻、実技試験対策BOOK、合格BOOK1冊、でる保育士、ガイドブック、パーソナル添削セット一式
  • 標準学習期間:12ヶ月
公式サイト
講座・サポートの充実度
DVD・CD教材 添削回数(学科) 添削回数(実技) 試験対策 サポート期間
実技試験対策のDVDが3巻 10回 なし 模擬試験あり 2年間
講座の内容 合格にマトを絞ったテキストで、効率よく学習をすることを目的としています。イラストや表などを多用した分かりやすいテキストに定評があります。
ただし、講義DVDは実技対策しかありませんので、テキストを使用して黙々と勉強する…という印象は強いかもしれません。
効率の良い学習のコツをアドバイスする冊子や、使いやすい文房具がセットになった「必勝!文房具セット(別売り:1,980円)」を使用することで、より効率UPが目指せます。
フォロー体制 学科の添削問題は9回、総合模擬試験1回の合計10回と、試験対策に向けて充実した内容が用意されています。
添付の質問用紙やメール、FAXを使用して、いつでも何回でも質問が可能です。
価格がリーズナブルなうえ、月々3,980円×15回の分割払いもできるのが嬉しい。
【合格者からの口コミ評判】
  • 添削の返信にある、講師の方からの「がんばってください」とか「体調に気を付けて」といったコメントをいただくたびにジーンとしました。自宅で学習していると挫折してしまいそうな時が何度もありますが、そんなメンタル面を支えていただいたような気がします。(30代・主婦)
  • フォローの体制が良かったのが印象的。法改正や試験科目の改正も、解説付きで最新情報がもらえました。法律はどんどん改正されていくものですが、独学ではそれらの情報が分かりにくくて困っていたので、通信講座を受講して本当に良かったと思います。(40代・主婦)
  • テキストにイラストや表が多く、重要な部分は枠で囲まれていたりと分かりやすかったので助かりました。学科の勉強は苦戦するかと思っていたのですが、予想以上にスムーズに進んだので嬉しかったです。(30代・会社員)

第4位 キャリア・ステーション『Hoikuu』

  • 受講費用:59,400円
  • 教材:受講の手引き"合格への道"、オリジナルテキスト9冊、法令資料、基礎力問題集、直前ポイントブック、添削課題、筆記直前模擬テスト、保育所保育指針、DVD
  • 標準学習期間:12ヶ月
公式サイト

※全科目受講コースは平成28年3月末で募集が終了しています

講座・サポートの充実度
DVD・CD教材 添削回数(学科) 添削回数(実技) 試験対策 サポート期間
各講座ごとにDVDを用意 9回 無制限 WEB授業での特別講座あり 2年間
講座の内容 主に保育士の専門学校を経営する、キャリア・ステーションの通信講座。
WEBで配信されている1コマ9分程度の講座動画とテキストを合わせて学習を進めていく、まさに座学スタイルの勉強法をとっています。
保育士試験の本番会場にも持ち運びやすいポイントブックは、要点だけ学べると人気のようです。
フォロー体制 通常の講座とは別に、「合格セミナー」「受験ガイダンス」「リラックスタイム動画」など、細やかなサポートを行う特別講座をWEBで配信しています。
WEB上にある「保育のひろば」では、学習の疑問や不安などを書き込むことができ、管理人からのアドバイスがもらえるので、モチベーションUPにつながります。
【合格者からの口コミ評判】
  • WEB授業が1コマ9分と、忙しくてもうまく勉強できるのがありがたかったです。PCだけじゃなくて、ブレットで動画がみられるので、いつでもどこでも気になった時に勉強をしまいた。講師の方が「ここは絶対覚えるように」といった場所が、しっかりと試験に出ていましたよ。(40代・主婦)
  • 私はDVDを利用したのですが、WEBと違って、1科目ずつじっくりと勉強でき、集中できるのがいいですね。授業中に重要と言われたところを、テキストにさらに書き加えるなど、本当の授業のように勉強をしました。気軽に学習内容や勉強方法の質問ができるのもよかったです。(20代・主婦)
  • 見たい時にいつでもPCを使って授業が見られるので、忙しくても勉強しやすかったです。動画では板書もあり、受験対策としても優秀だと思います。さすがは保育士試験の専門学校の通信講座だと思いました。(30代・主婦)

第5位 四谷学院通信講座『保育士講座』

  • 受講費用:79,800円
  • 教材:学習の手引き、テキスト各科目1冊、講義動画各科目1枚、講義動画・演習トレーニングの手引き、演習トレーニング、資料集、過去問題集、添削問題、添削問 題用解答用紙(マークシート)各科目1枚、添削問題提出用封筒、実技試験対策DVD、実技試験対策テキスト、どこでもチェックBOOK
  • 標準学習期間:8ヶ月
公式サイト
講座・サポートの充実度
DVD・CD教材 添削回数(学科) 添削回数(実技) 試験対策 サポート期間
講義動画と実技試験対策のDVDが合計12巻 8回 1科目2回9,800円(別途) 担任制で細やかなアドバイスあり 2年間
講座の内容 55段階の学習プランに沿って、少しずつ学習を進めるのが特徴。
講義動画や実技試験対策DVDなど映像教材を確認しながらテキストでインプット、添削問題でアウトプットを繰り返す学習システムは、じっくりと勉強ができ理解がしやすいと好評です。
フォロー体制 1人1人に担任が付くシステムで、担任のアドバイスを受けながら学習や受験対策が行えます。また、有料ですが実技対策の対面講座もあり。
学科の添削は8回分、実技も有料ではありますが、添削をしてもらうことが可能。これでグッと合格率が上がるのだとか。
その他、質問は郵送やメール、FAXで何度でもでき、最新情報は受講生専用のホームページでチェックできるなど、孤独にならない工夫がされています。
【合格者からの口コミ評判】
  • 子供が寝ている時間を使って学習しましたが、四谷学院の教材は、効率よく知識が定着するように作られているカリキュラムで、毎日コツコツ続ければ確実に知識が身に付きます。担任の先生には、精神的にも励ましていただきお世話になりました。(30代・主婦)
  • 四谷学院の合格率の高さにひかれて受講しました。受講料は高いなと思いましたが、それに見合うだけの教材とサポートを受けられ、見事1回で全科目合格できました。DVD教材が付いていて、目や耳からの知識を得られるのも大きかったと思います。(30代・パート)
  • 子育てと仕事の合間をぬっての学習でしたが、四谷学院の教材が活用しやすくて助かりました。テキストだけだと知識があいまいで終わってしまうことが多いので、DVDやパソコン演習があってよかったです。(40代・小学校支援員)

通信講座選びの3つのポイント

  • 受講料の価格をチェックしましょう

    まずチェックすべきは受講料です!通信講座を選ぶ理由として、価格の安さという方は多いはず。あまりにも高い受講料がかかるとなると学び始めるハードルもその分高くなってしまいます。受講料が抑えられているということは、それだけ手軽に保育士の学習を開始できるということに繋がります。

  • 教材の内容をチェックしましょう

    通信講座を選ぶ方の多くは、仕事をしながらだったり、主婦の方です。すき間の時間などを利用して効率よく学習できることがとても重要です。そのためには分かりやすい教材が使用できるかがポイントとなります。DVDなどの教材は、見ながら・聴きながら学習をすすめるので記憶にも定着しやすくオススメです。

  • 合格までしっかりサポートしてもらえるか

    保育士試験の合格科目は3年間有効です。受講した1年目だけで学習サポートが終わってしまうと、翌年に残りの科目試験を受ける際に困ってしまうかも。1回で合格できなかった場合のことも考えて、サポート期間もチェックしておきましょう。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

1位 ヒューマン

受講費用
46,000円
DVD・CD教材
合計21巻
サポート期間
3年間
ヒューマンHP

公式サイト≫

2位 ニチイ

受講費用
50,920円
DVD・CD教材
なし
サポート期間
1年間
ニチイHP

公式サイト≫

3位 ユーキャン

受講費用
59,000円
DVD・CD教材
3巻
サポート期間
2年間
ユーキャンHP

公式サイト≫

※掲載されている情報は2016年5月現在のものです

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ