忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

乳児保育とは?

乳児保育とは何か、乳児保育の役割について解説します。

乳児保育とは?

乳児保育とは、0~2歳児の子供を預かる保育のことです。

乳児とは本来0歳児のことを指すため、乳児保育のことを“ゼロ歳児保育”などと呼ぶこともあります。

子育ては本来、ご両親や身内の方が努めるのが理想ですが、女性の社会進出や共働き家庭の増加などを背景に、子供の育児をするのが難しい家庭が増えています。

そうした事情のある家庭の乳児を預かり、ご両親の代わりとなって子育てをするのが乳児保育です。

乳児保育の仕事内容

具体的な仕事内容は、乳児の食事、排泄、着替え、睡眠、遊びなど。本来家庭で親が行うようなことを代行します。

乳児保育の目的

乳児保育の目的は、子供の健全な成長の土台を作ることです。

乳児期は、人間が一生のうちで最も成長する時期。

この時期に、乳児へ「安心感」を与えられるかどうかが、将来の健全な情緒・心を形成するうえで、とても大切になってきます。

本当ならば、安心感を与えるのは母親の役割です。

しかし、それが難しい家庭もあるので、母親に代わって保育士が子供に「安心感」を与えます。

言葉をほぼ理解できない乳児に、安心感を与えるのは簡単なことではありません。

子供の気持ちを適切に読み取り、与えるべきものを与えることによって、子供は安心感を得ます。

乳児の機嫌はどうか、今何を求めているのかなど、普段から一人ひとりの子供をよく観察していないと分かりません。

こうしたことを他人である保育士がやるのはとても難しいことですが、昨今、乳児保育の需要は高まるばかりです。

幼児を対象とした保育だけでなく、乳児保育にも適応できる保育士を目指せると、より仕事の幅も広がるでしょう。

乳児保育に保育士以外の資格は必要?

保育士以外の資格は必要ありません。通常は保育園での仕事の中で、徐々にスキルを身に付けていくという流れになります。

乳児保育に役立つ資格として、ベビーシッターやチャイルドマインダーなどがあります。これらの資格を持っていると、知識が生き、より良い乳児保育ができます。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ