忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

地域限定保育士とは

地域限定保育士とは

正式名称は「国家戦略特別区域限定保育士」です。地域限定保育士になるには、地方自治体が行う地域限定保育士試験に合格し、各都道府県の保育士登録簿へ登録を行う必要があります。一般の保育士資格のように、通信で資格を取るというようなこともできません。

法律の制定

地域限定保育士は、平成27年に成立した「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律」によって創設されました。保育士になるためのチャンスを増やすことで、保育士不足を解消する狙いがあります。また、地方自治体にとっては不足気味の保育士を確保しやすくなるというメリットがあります。また、この法律が施行されたことで、通常の保育士試験も年1回から2回に増えました。

通常の保育士との違い

地域限定保育士は、特定の自治体で働くことが前提となっています。業務としては通常の保育士と変わりませんが、最初の3年間は合格した自治体でしか働くことができません。ただし、4年目からは全国で働くことが可能となります。

保育士側のメリットとしては、保育士資格の受験・合格するチャンスが増えることが挙げられます。

地域限定保育士試験について

基本的には年2回、全国一斉試験として行われます。通常の保育士試験と日程や試験の出題範囲が同じということもあって、試験内容としては違いがあまりありません。

実施している自治体

現状では、試験を実施している自治体はあまり多くありません。過去には神奈川県・大阪府・沖縄県・千葉県・仙台市などが実施してきました。ただし、平成27年にスタートしたばかりなので、徐々に実施する自治体が増えることが予想されます。神奈川県では平成29年度において、独自に3回目の地域限定保育士試験を実施しました。

受験資格

基本的に、その自治体に住んでいなくても受験をすることが可能です。その他の主な受験資格は以下の通りです。

  • 二年制以上の専門学校・短大・四年制大学卒業者
  • 平成3年3月31日以前に高等学校を卒業した人
  • 中学を卒業後、児童福祉施設にて5年以上かつ7,200時間以上の勤務経験がある人

難易度

各都道府県独自の試験問題が出題されます。出題範囲は同じとなるため、通常の保育士試験と比べても難易度に差はほとんどありません。平成27年度の保育士合格率のデータは以下のようになっています。

千葉県 通常保育士22.9% 地域限定保育士18.3%
神奈川県 通常保育士22.8% 地域限定保育士23.6%
大阪府 通常保育士23.0% 地域限定保育士22.0%
沖縄県 通常保育士14.1% 地域限定保育士14.9%

参考:(pdf)厚生労働省「保育士試験の実施状況(平成27年度)」

試験の免除について

通常の保育士試験と科目が同じであることから、どちらか一方で合格した科目について、もう一方での受験は免除される仕組みとなっています。

ただし、地域限定保育士試験に合格したあとで一般の保育士試験を受験する場合では、たとえ利用した科目であっても免除にはならず、もう一度合格しなければなりません。

保育実技講習会

自治体によっては保育実技講習会を受けることで実技試験が免除となる制度があります。内容は21時間の講習および6時間の実習となっています。実技試験に不安がある方は、ぜひ利用を検討してみましょう。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ