忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士登録の流れ

ここでは、保育士登録について、登録方法や流れも含めて解説します。

保育士登録をする理由

これまでは保育士として働くのに、「保育士(保母)資格証明書」があれば大丈夫でした。しかし、平成15年11月29日、児童福祉法の改正により、保育士の定義が変更。資格の証明書だけでは保育士として業務をすることができず、新たに「保育士登録」が必要になりました。

「保育士の資格は取得しているが、保育士としての仕事はしていない」という人は、登録する必要ありません。また、登録をしていなくても、保育士資格が失効するわけではありません。あくまでも、保育士の資格を保有している人が、保育士として働く時にだけ必要になる登録です。

これに伴い、それまで資格の証明書だけで保育士として働いていた人も、保育士登録をしなければ業務ができなくなりました。そのため、法律施行前後に関わらず、保育士登録を済ませない限り、保育士として働くことはできません。

保育士登録の方法や流れ

保育士登録は、各都道府県が委託する「登録事務センター」に必要書類を郵送することで完了します。「保育士登録の手引き」に従って書類を作成し、登録事務センターに送ります。

「保育士登録の手引き」の入手方法

  • 1.角形2号封筒(返信用封筒となる)に、登録希望者の住所、氏名を記入する。
  • 2.返信用切手を所定の金額分だけ貼る。郵便料金は変更になることもあるので、必ずその時点での料金を確認しておく。
  • 3.登録事務センターあての封筒の表に、赤字で大きく「保育士登録の手引き○部請求」と書き、返信用封筒を同封して郵送する。

登録の申請の際に必要な書類

  • 1.保育士登録申請書
  • 2.保育士(保母)資格証明書もしくは一部科目合格証明書(全科目分)
  • 3.郵便振替払込受付証明書(保育士登録の手引きに同封)
  • 4.戸籍抄本又は戸籍の個人事項証明書(婚姻などで氏名が資格証明書と異なる場合)

なお、登録手数料は、新規登録の場合は4,200円、書き換えの場合は1,600円、再交付の場合は1,100円となります。その他、何か不明な事がある場合は、「保育士登録事務処理センター」へ問い合わせましょう。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ