忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

保育士の資格 TOP » 保育士になったときに役立つ資格はコレ

保育士になったときに役立つ資格はコレ

このカテゴリでは、保育士が持っていると役立つ資格を紹介しています。

保育士の仕事で役立つ資格とは

保育士になるには、もちろん保育士の資格が必要です。

しかし、保育士の資格だけでなく、他にもできることがあると、より仕事の幅が広がります。

また、子供が好き、子供の成長を見るのが好き、子供を健全に成長させたい、もっと保育士としての自分も成長させたい。そんな風に思っている方も、+αの資格を持つのがおすすめです。

どんな資格が役立つ?

では、保育士の資格の他に、どんな資格を取得すれば、より幅広い仕事ができるのでしょうか。

これは、やみくもに子供関連の資格を取れば良いというものではありません。

近年では、資格ビジネスが氾濫しているため、民間団体が多くの資格を出しています。しかしそれらの多くは、残念ながら仕事に役立つ範囲に達していないので、取得しても保育士の仕事に役立つものとは限りません。

このカテゴリでは、取得することで、仕事の範囲を大きく広げられる、保育士の仕事に役立つ、そんな資格を厳選して紹介します。

またどれも、既に働いている方でも取得できるように、独学が可能な資格です。ぜひこのサイトをみなさんのキャリアアップにお役立て下さい。

チャイルドマインダーとは、1~4名を預かる保育の専門家。また、対象年齢が0~12歳と幅が広いのが特徴です。

保育士ともっとも異なる点は、独立開業ができる点。長く保育士としての実務経験を積んでおけば、チャイルドマインダーの資格を取得することで、自分流の保育所を開設することができます。

チャイルドケアとは、ベビーマッサージやアロマテラピーなどを通じて、子供にも親にもメンタルケアを施す自然療法の資格。ステップアップのための資格として、現役の保育士からも人気の資格です。

保育士の資格と合わせることにより、仕事の幅がグンと広がります。実際、母子対象のセミナー講師や、病院でのケアスタッフ(小児科、産婦人科)、独立開業など様々な分野で活躍している人がいます。

チャイルドコーチングとは、子供にとってあるべき適切な自発性を引き出す専門職。「聴く・質問する・承認する」を巧みに使い、子供たちの心に自発性を養います。心理分野の資格とも言えます。

社会の複雑化にともない、不適切な自発性を成長させた子供たちの行動が社会問題化することもあります。もっとも子供の心に響くのは、幼少期。保育士が茶ルドコーチングの資格を取得することは、社会的ニーズにも合致しています。

ベビーシッターとは、依頼者個人の子供の世話をする仕事。依頼者宅へ赴くタイプと、自宅で預かるタイプとがあります。

ベビーシッターは一人、二人の子供の行動をよく見る仕事。仕事を通じて習得した、子供一人ひとりに対する細やかな視点は、大人数を相手にする保育の現場で重宝されます。子供たちの心に一生響く保育士となるでしょう。

幼稚園は、保育園と違って、学校教育法で定められた教育機関。ちなみに保育園は教育機関ではなく、福祉施設の一つです。

幼稚園教諭は、教育者です。保育の現場とは異なり「子供の知性と完成の成長」を目的とした仕事です。保育士が幼稚園教諭の視点も持つことにより、保育と教育の両面から子供に接することができるようになります。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ