忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

臨床心理士

保育士が持っていると役に立つ「臨床心理士」の資格についてまとめています。

臨床心理士ってどんな資格?

臨床心理士とは心の問題に寄り添い解消する心理専門職と証となる資格です。大人から子どもまでを対象に、心のゆとりをサポートする役割を持っています。

国内では心理カウンセラーや心理相談員と呼ばれる方がいますが、そうした職業には明確な資格はありません。一方「臨床心理士」は認定を受けており、心理専門職の証として付与されている資格です。

臨床心理士の仕事内容

臨床心理士の活躍の場は教育分野から医療分野、産業分野まで幅広く設けられています。次の4つが主な業務としてあげられます。

臨床心理査定

病院や福祉施設で行われる面談の際に来談者の日常生活や人間関係、特徴から問題点を抽出したりします。初めて面談を行う方には心理テストを行なって、より具体的な心理状況を把握する必要があります。

心理カウンセリング

カウンセリングを行う対象によって目的・内容を変化させる必要があり、来談者との信頼関係を築くことに重点を置いて接するよう務めます。そうして築いた信頼関係の中で、来談者が自ら悩みや不安を解き明かしていくことは自身を見つめ直す機会になり、自己理解を深めるきっかけになるのです。

カウンセリングを通して、心の問題を自らが見つけることができるようにサポートして、問題解決に向けて援助する責務があります。

臨床心理学的地域援助

カウンセリングを行う対象は来談者だけでなく、学校や職場など地域住民の心の健康に働きかけることも臨床心理士が担う重要な専門行為の1つです。

研究活動・調査

より精度の高い心のケアを行うにあたって、臨床心理の知識や確実な技法をすることができるように向上を努める必要があります。臨床心理において、調査や研究喝動画行われています。

どうすれば臨床心理士の資格が取れるの?

臨床心理士は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定を行なっている民間資格です。認定試験には受験資格が設けられており、それぞれ次のように設定されています。

  1. 指定大学院を修了し、所定の条件を充足している者
  2. 臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
  3. 外国で指定大学院修了と同等以上の教育を受けており、日本国内に置いて心理臨床経験を2年以上有する者
  4. 医師免許取得者で、心理臨床経験を2年以上有する者

これらの受験資格をクリアした上で、年に1回行われる試験に合格すると臨床心理士としての認定を受けられるようになります。

臨床心理士の試験内容とは?

臨床心理士の資格試験は一次試験・筆記、二次試験・口述面接が設けられています。

一次試験・筆記試験の内容

試験はマークシートによる選択問題、多肢選択方式・論文記述試験の3つのカテゴリに分かれて試験が行われます。特に論文には文字数制限があるので、簡潔で論理的な内容を表現しましょう。

二次試験・口述面接試験の内容

一次試験を水準に達しているかたのみ二次試験に臨めます。専門知識や習得殿確認以外にも臨床心理士としての姿勢や態度、コミュニケーション能力などの実務に必要な特性を見極めるための試験です。

試験の合格率は?

近年の臨床心理士試験の合格率は60%台前半を推移しています。合格率は低い水準ではありませんが、大学院などで専門的な勉強を経て受験しているかたがほとんどだと考えると、手軽な資格試験だとは言い難いですね。

認定試験合格後

認定試験を合格した場合、晴れて臨床心理士への認められるのですが、臨床心理士の名簿に登録する必要があります。このとき登録料として50,000円が必要になるので事前に準備しておきましょう。

さらに、臨床心理士は5年ごとに更新が必要な資格です。更新するためには認定協会や臨床心理士会が開催しているワークショップに参加する。または論文を発表する必要があり、資格取得後も学ぶ姿勢を継続して行きましょう。

保育士が取得するとどんなメリットがある?

臨床心理のスペシャリストである臨床心理士は「カウンセラー」として活躍するかたが多いのが特徴です。他の民間資格を持ったカウンセラーよりも、臨床心理士の方が信頼度は高く、自然とカウンセラーとしての需要が高くなっていきます。

メンタルケアに関する知識を活用できる

子どもたちは大人のように、自分の感情をうまくコントロールすることができません。感受性が強く多感な時期なのでストレスを感じやすく、ため込んだストレスを発散できないことが多いのです。臨床心理士は心に問題を抱えた方をサポートして、専門的な技術法を用いて心の問題をサポートすることです。

子どもたちは話を聞いてもらうだけでも安心したり喜んだりしますが、そのこの気持ちや考えを自発的な行動に繋げられるようにサポートしていくことが大切です。

子どもたちが親に言えないような悩みを持っているとき、頼れる存在は保育士である先生です。このようなときに、その子の気持ちを汲み取って手助けできる役割を担えるのは、保育士と臨床心理士の両立の最大の目的と言えるでしょう。

子どもだけじゃなく親の相談にも

現在臨床心理士を持っている保育士の数はそれほど多くありません。資格を持っていると子どもだけでなく、子を持つ親からの相談にも柔軟にアドバイスをしてあげられるでしょう。近年は子供の精神的な病気以外にも、子どもの心理状況の変化に敏感になる親も多くいます。そうした精神的な問題を抱えている親子の相談に乗ることは、臨床心理士としても保育士としても役割を果たすことになるのです。さらに仕事へのやりがいを深められるきっかけになりますね。

臨床心理士を持つことでさらに子どもたちとの信頼を

国家資格である臨床心理士をとることで、信頼のおける保育士から、さらに一歩踏み込んだ子どもたちの相談役として心のケアをしていきましょう。

保育士は園内に務める他の保育士さん、こどもたちと親御さんというように、コミュニティの範囲が限られている職業です。臨床心理士なら、地域の方々と密な関係を築き上げることが可能で、人脈と経験を得られます。

保育士としてキャリアを積みながら、さらなる高みを目指すうえで臨床心理士は最適な資格だと言えるでしょう。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ