忙しくでも大丈夫!保育士の資格試験必勝ナビ

チャイルドコーチング

保育士におすすめの資格、「チャイルドコーチング」についてまとめました。

チャイルドコーチングってどんな資格?

チャイルドコーチングを習得すると、子供が自発的に考え、学び、行動するよう導くことができるようになります。

昨今、子供の心のストレスや病は深刻です。そのため、自分の心をコントロールし、自分が自分の意志で行動をするという力が、これからの未来を生きる子供たちにも求められるでしょう。チャイルドコーチングは、子供たちのこうした力を専門的な立場から養っていきます。

チャイルドコーチングの具体的な仕事は、「聴く・質問する・承認する」の3点

子どもの自発的な思考や行動を尊重し、またそれらの微妙な変化を捉えるために、チャイルドコーチングには、忍耐力と繊細な直観力が必要です。誘導尋問のように、子供の行動や考えを引き出すのではなく、あくまでも子供の自発性を尊重して引き出していきます。

子供一人一人の個性に応じて対応の仕方も違ってくるので、なかなかマニュアル通りには行かない難しい仕事と言えるでしょう。

保育士が取得するとどんなメリットがあるの?

単に子供を保育することだけに留まらずに、保育を通じて子供の大切な「意思」や「自発性」を養うことができます。

子供たちの中には、大人と同じように、大きなストレスを日々抱えている子もいます。しかし、ストレスを抱えない知恵や経験、抱えたストレスを解消するたくましさがまだないため、そのまま成長してしまった子は、心の土台が脆くなり、成人してから社会不適応の症状が出てしまう事も。

チャイルドコーディネーターの資格を習得すれば、そういった子供たちに気づきやすくなり、さらにサポートすることもできるので、子供たちの将来を守ることへ繋がります。

社会的な背景もあり、今後チャイルドコーチングの役割はますます重要になり、保育士がチャイルドコーチングの資格を取得することは、社会的にもとても有益と言えるでしょう。

実際、保育士を始め、幼稚園教諭、小学校教諭などでもチャイルドコーチングの資格は今とても注目を浴びています。

どうすれば資格が取れるの?

日本能力開発推進協会(一般財団法人)が主催する試験に合格することで、チャイルドコーチングの資格を取得することができます。

受験資格は、同協会が指定した教育機関において、所定のカリキュラムを履修した人に与えられます。カリキュラムの全課程を修了するのに、約4か月かかります。

試験は随時行なわれており、また試験自体を在宅で受けることもできるので、普段仕事が忙しい人でも受験が可能です。

保育士資格の通信講座おすすめBEST3

ヒューマンアカデミー

保育士【完全合格】講座
受講費用 46,000円
添削回数
(学科)
9回
添削回数
(実技)
無制限
サポート期間 3年間
詳しくはコチラ

ニチイ

保育士受験対策講座
受講費用 50,920円
添削回数
(学科)
2回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 1年間
詳しくはコチラ

ユーキャン

保育士講座
受講費用 59,000円
添削回数
(学科)
10回
添削回数
(実技)
なし
サポート期間 2年間
詳しくはコチラ
まずはここから! 保育士の資格取得ナビ